新着Pick
147Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
欧州主導で進んできたESGは、中国の急激なプレゼンス拡大や米国の政権交代に伴う前傾化などを受け、ますます世界的潮流になりつつあります。

 ESGに関する各国の取り組み強化の背景には、「各国の資金獲得競争」や「産業のゲームチェンジャー」(自動車産業の例をみても)という関心もあります。
 この中での日本の課題は、ESGに関するスタンダード(当然、殆どが非財務情報に基づく)の評価基準がかなりバラバラであり、かつ、主要なものが殆ど海外由来であることです。日本の企業は、世界的に見ても高い環境対応技術を持っている所が多いのですが、これらの企業努力が、世界市場にも正しく評価される状況を形成していく必要があります。

 金融庁は、欧州主導で2017年12月に組成されたNGFS(気候変動リスク等に係る金融当局ネットワーク)に、設立直後の2018年6月に直ちに参加するなど、一貫してこの問題を重視して取り組んでいると認識しています。日本企業がESG市場においても高く評価されるよう、是非頑張って頂きたいと思います。
ESG投資の急拡大に伴い、脱炭素の取り組みについても企業に情報開示の必要性が求められています。

また現在、脱炭素以外でも、企業の人的資本に関する取り組みも情報開示が必要となってきています。企業価値向上における人材戦略について、取締役会で議論し・モニタリングすること、機関投資家はESGの中において人材戦略を含めた「S」について企業の取り組みが必要になってくるでしょう。
経団連などが義務化に何色を示しているのが、現状を表しているように感じます。
ーー
日本でも既に300社超がTCFDに任意で賛同しているが、経団連などは義務化に難色を示す
これな
脱酸素には原発が必要なので世界中が原発を推進している

日本人は馬鹿なので脱原発で後進国に逆戻り

アメリカ民主党が党綱領に原発活用と新型原発の採用推進を明記
https://t.co/BvY27DfMd9
バイデン「最先端の原子力といったクリーンエネルギー技術にも注力する」
https://t.co/vI4fqv0fuu
とてつもないイノベーションの可能性が原子力エネルギーにはある
http://t.co/zJ332vsV
ロールスロイスが英国に16基の小型モジュール原発を建設
https://t.co/f7NcxRIpDO
ウルトラセイフ原子力発電コーポレーションがモジュラー型マイクロ原子炉を建設
https://t.co/AJ6dtiXVgO
ビル・ゲイツ「原発に希望を託す」
https://t.co/fAO3eQ0jhR

中国、原発稼働世界一へ
https://t.co/52tZ4JTM4B
ロシアの原子力が世界を席巻
https://t.co/jraKWcvsM0
インド、原発10基の増設決定 32年までに40基増へ
https://t.co/IzGmE4qaAp
韓国、小型原発「SMR」で先行 米で認証取得
https://t.co/aNO65n7pi1

イギリスも原発推進
https://t.co/Lt7COaGKEA
カナダも原発推進
https://t.co/TFX39mAJkn
トルコも原発推進
https://t.co/9ltfCMgRp9
スウェーデンも原発推進
https://t.co/RA7jRdoyrf
ブルガリアも原発推進
https://t.co/NRQojViuBi