新着Pick
37Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
fitibtや、Apple Watchなどでバイタルデータを取得して、連続的なモニタにより健康状態を把握すべきだと思います。

1回大きな事故を起こした時のさまざまな影響を考えると、デバイスに投資した方が、経営的には、はるかにリスクを低減できると思います。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
人気 Picker
安心・安全のためには重要な取り組みだと思います。

一方で、数週間前のNHKニュースではコロナの影響を受け料金の過当競争が再燃し、(自主的に行っている)ドライバーの人間ドック費用支援が負担にという報道もありました。

また、先日の大雪の立ち往生では荷主が「大雪だろうと遅延なく持っていって」と無理な注文をした例も報道されています。

事業者だけでなく、関連する業界全体の課題であると感じます。
一昨年までは「運転手不足」という事情がありました。
運転手の高齢化も進んでいました。

コロナ禍で需要が激減した現在、人手不足は解消されていると思います。

とはいえ、多くの人命を預かるバスの運転手さんの健康管理は必須です。
イザって時は緊急停止する装置を義務付けませんか?

自家用車の運転補助装置より遥かに重要度が高いと思いますが。
国土交通省は「病気が原因の重大な事故で、事業者が運転手に定期的な健康診断を受けさせていなかった場合や、運転手の病気や兆候を把握しながら検査など適切な対応をとっていない場合」は行政処分を行うそうです
日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。よく誤解されるが国営放送ではない。日本の放送法(昭和25年法律第132号)に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する外郭団体である。 ウィキペディア