新着Pick
167Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
リモートで仕事できるけど、出社する方が好き
人気 Picker
会社員のうち在宅勤務をした人のかなりの割合の人が、今回「擬似定年退職」を味わい、いいようのない孤立を感じたと思う。会社に行くという身体性というのは理屈ではない。人間心理とはそういうもの。テレワーク推奨が絵にかいた餅と僕が言い続けているのはそういうこと。
テレワークにうまく移行できなかった会社もあるのでは?
下記3つは僕の体験です。

■担当者が在宅勤務のため、明日折り返し連絡します。
■在宅勤務のため、いま資料が見えません。
■明日は在宅勤務のため、電話にでる事ができません。

謎。
テレワークで仕事を成立させようとする主体的な姿勢と、それを実現するリテラシーが必要。

もちろん、全てをリモートにするのではなく、対面や現場に出向いた方が良い仕事はありますので、そこは切り分けも大切です。

自律して仕事を進め、かつ職場環境も個人の自主性を認める職場であれば、テレワークがいいとか悪いとかの議論にはならない気がします。
「会社で仕事をしたほうが楽しい」という声、重要。テレワークは効率や生産性の面で推奨されるが、働く楽しさ、という点はどうか。楽しいテレワークは追求されているか。
同じことが学校にも言えるんですよね。学校に集まる楽しさ、を上回るオンラインを設計できないかな、って。デジタルは、まだまだ途上。
「テレワークをすることが正しくて、出社するのは悪いこと」のような考え方。つまりは「どちらか」ということではないと思う。どちらの考え方があっても良いし、全員が同じように考える必要はない。それぞれの考え方を尊重して対話によって、より良い折り合いを見つけていくことが出来るようにすることが、大人の社会人だと思う。
だからいいかっていうと分からないですけどね。
電車は混んでるし、感染も出てるし、仕事しにくいし。
学校は誰もテレワークを望んでいない組織だと感じます。

出張はほとんどがリモートに置き換わりましたが、Teamsやclassroomなどは、校内ルールや心理的なハードルが高く、活発な情報共有には至りません。

やりようはあるように思いますが、生徒が登校して授業を受けている状況では、部分的にでもテレワークを取り入れるのは難しいのが現状です。
確かに在宅勤務すれば個人タスクは進むけどコミュニケーションはどう考えても疎かになってしまう。やってみて感じるけど、WEB会議を常時接続にするなどしないとコミュニケーション不足には必ず陥るな。
中のデーターで示されている「テレワークを進めてほしいと思う人が8割いるのに進まない」というのは企業の努力が足りてないのではないかと思います。
大事なKPIは「出勤者7割減」でも「会社で仕事した方が楽しい」でもありません。

計測すべきは「生産性」です。ここがわかっていないと、後でしっぺ返しが酷いことになります。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません