新着Pick
147Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
海外ではエコの観点から歯ブラシなどのアメニティを置かないホテルや、国や地域を挙げて規制しているところも多く、意識の高い海外の旅行客から見ると日本は、いささか遅れている風に受け取られるかも知れません。過剰包装も、サービスが素晴らしいという考えもありますが、やはり環境意識が高い外国人からは、こんなにプラスチックはいらない、という感覚があるようです。

本記事ではサステナブルツーリズムを掲げるパラオが挙げられていますが、「環境や文化へのインパクトを出来るだけ抑える観光」を目指すブータンも、環境を意識したユニークな観光の仕組みを作り出しているといえるでしょう。
例えば、近隣のアジア諸国から見ると非常に高価な公定料金(ハイシーズンなら一泊250ドル)を支払うという制度は、実質的に観光客の質を上げることに寄与していると言われています(年齢層が高めの落ち着いた富裕層が多いとのデータがある)。そして全ての観光客は政府認可の宿泊施設に宿泊することとし、空港の出迎えから見送りまでずっとガイドが付き添うシステムです(頼めば自由行動や行きたいところのリクエストは可)。この「制限ツーリズム」は旅行客が環境を破壊しないシステムを作っただけでなく、希少価値を生み出してブータンの魅力と特殊性を演出してきました。
近年、ブータンも高い観光客数目標を掲げることになり、この希少性が失われるのではないかという懸念がありますが、少なくともこれまで成功してきたブータンモデルは、旅行者の自主的な心掛けに頼るだけでなく、観光される側としてどのように主体性を持ってオーバーツーリズムにならない仕組みづくりをするのか、ひとつの参考になると思います。
人気 Picker
観光促進の目的は何か?というと、その地域の経済を支えたり、雇用を生み出したり、ひいては地域住民が自信と誇りを持つことではないか。

つまり、単に観光客が来て喜んでくれたら良いわけではなく、結果としてその地域や住民も含めたWIN-WIN-WINの関係が成立することが大切だし、その関係性が持続的に循環するシステムにならなければ、常に対処療法的な取り組みに終始する。

「観光客」に対して「観光地や住民」といった二項対立な思考ではなく、「二項動態」的な考えを持ち、両者を観光に携わる当事者として持続的な構造を創り出すことこそは、いまとても大切だし、広島でも取り組まねばならない課題だと受け止めている。
コロナ禍でフルリモートになったのをきっかけに、東京から栃木県の那須に移住をした、「観光客」と「地元民」の中間にいるような存在として、那須への都内からの観光客の存在を見てきました。
秋の紅葉の時期には、都内から紅葉の名所を訪れる人で溢れていて、渋滞もすごい場所が増え、地元の住民はみんなあえてそのようなところを避けて隠れた紅葉スポットに行って楽しんでいました。

「いいところはあえて地元民だけでそっと取っておこう」みたいなところもあるのかなーと感じるほどでした。

当たり前の話ですが、どの場所も地元の人だけのものでも、観光客の人だけの場所では本来ないはずなので、色々な趣味嗜好を持っている一人一人が、それぞれのスタイルを満喫でき続けられるような「サステナブルな旅」が主流になるといいですよね!
ずらし旅をしたいのはやまやまですが、家族持ちにはやはり難しいですね。自分の職場がフレキシブルでも子供の学校がフレキシブルじゃない。ところで、ノルウェーでは今学校が一週間の冬休みシーズンなのですが、地域ごとにずらしてあるので、休みが重ならない地域に行けば、ずらし旅が可能です。日本の学校でも、ぜひ導入をご検討ください。
観光は365日のうち休みの100日で稼ぐような設計をしているため、ずらし旅は課題解決としては有効だと思っています。

地域側のキャパもありますし。

GoToトラベルも本来は平日のみなどにしたら平準化できるのかなと思います。
空いてるからピークオフで自分は旅するのが好きなのですが、休みの自由がより広がればそうなるのかな?と思いますね。
旅する先で負荷をかけない、その地域にプラスになる「コンシャス・トラベル」がアフターコロナのカギになる、とも言われています。それが主流になるかどうかまでは見通せませんが、どこにでも旅できることが当たり前の自由でないことに気づいた今、「旅で自分が得ること、旅で旅先の人にとってプラスになることはなんだろう」という「旅が生む価値」を一度考えてみることは意味あることだと思います。
休みの分散には今後本当に期待したいです。ファミリー層の需要だとエリア別で学校の休みが分散すればとも思います。
人気の観光地にすし詰めという景色は、ストレスフルで嫌な記憶に残るだけです。ミーハーな旅から卒業し、成熟を目指したいものですね。
これまでは「みんなに人気があるところ」だったものが、これからは「自分しか知らないところ」にシフトする可能性が見えてきましたね。

そうなってくると、まさにAirbnbのモデルが、ばっちりはまります。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません