新着Pick
880Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
個人的にもこの中でマックだけがお店の体験を変えてくれた。質の高いアプリで。UXの時代。「テイクアウトに強い日本マクドナルドホールディングス(HD)は大きく業績を伸ばした」
人気 Picker
成功要因はふたつでしょうか。

①元から中食(お持ち帰り)に取り組んでいたか
②あったものを素早く強化したか

ある日突然やってきた波を、もともと沖に出て待っていたのかどうか、そして波が来たときにそれいけとその波に乗っかったのか。

スタートアップも同じですね。大企業より小回りが効くぶん、有利なはずですが、こんなに大企業でも素早い企業もあり、素晴らしいと感じます。
売り上げ、利益だけでなくぜひ株価の推移も入れていただきたかった。ゼンショーや吉野家のように赤字でも上がっているところもあれば、トリドールのようにアップダウンもある。合従連衡が進むにしても、株価の影響は非常に大きいと思います。
コロナで皆が気付いてしまった事の一つ。
居酒屋に行く単価とスーパーで高級肉といいお酒を買って
家で飲み食いする単価が同じ、、、
自分的にはコロナ後は宅飲みが流行るかもと思っている。
テイクアウトですね。Amexの調査によると、個人経営のレストランオーナーの89%は、テイクアウトによってなんとか持ちこたえているということがわかった。テイクアウト注文というシンプルな行動が、米国で1日平均7億ドルの売上げにつながっています。

米国のスターバックスでは、テイクアウト専門の店舗展開も実施しています。
ストレスと健康のマネジメントに自炊を増やして、質の良い料理を自分達でするようになってからは、
お金お払ってまで不健康な食事をしに外食しようと思わなくなりました。
逆に、料理のインスピレーションを貰いに、力を入れてるレストランを選ぶようになりました。

でもきっと、疲れ果ててたら、安価で便利なファストフードへとなるのかな。。。
居酒屋業態がコロナ/緊急事態宣言の煽りを最も受けた業態のため2020年度決算が厳しいのは止む得ないと思います。
一方、マクドナルドが独り勝ちに見えるのは、元々、前面交通量の5%の入店率で売り上げを作っており、主力客はイートインよりもテイクアウト客であるため、厨房の作りや人的オペレーションが持ち帰り対応に作られているためです。
居酒屋業態やファミレス業態がコロナ対応で急遽、デリバリー代行業者に依頼を掛けても、厨房の生産性や人的オペレーションは十分ではありません。
ワクチンという朗報も届く2月末、外食業界に本当の春が訪れることを願っております。
元々ドライブスルーや店頭でのテイクアウトも当たり前になっていますし、Uberやモバイルオーダーも収益に貢献していると思います。
モバイルオーダーは店頭渡し、駐車場渡し、座席渡しが指定出来て、マックに近寄りさえすれば、お客はもはやどの角度からも注文出来て使いやすい。
マニュアル教育の充実は、新たなテックによるオペレーションの導入も促進させるのかも。

通常の外食企業だとアプリを開発するだけでも大変だが、店のオペレーションに落としこむのがもっと大変。
ウーバーイーツに溢れんばかりにお店料理が並んでも、届くの早いし、安いからマックでいいやってなるんですよね。
デリバリーも立地、多店舗展開の強みが色濃く出てくるなぁと最近感じます。
コロナ後も家飲みは続くでしょうね…家に人よんで、ちょっといいお酒を買い、ご飯をウーバーイーツやDiDiで持ってきてもらったほうが安いし楽しい。
とにかくテイクアウトで食べやすいかどうか、が基準になっていると予想します。
どうしても麺類や通常の定食よりもマックやケンタッキー等店内でも外でも変わらない、手軽に食べられる形態のファストフードに軍配が上がるのはよくわかります。

この辺りは緊急事態宣言下などで飲食全体が厳しいので、アフターコロナを待つしかない状況でしょうか。
この連載について
今、知りたい注目のニュースの真相から全体像まで、やさしく徹底解説。プロピッカーや有識者による対談、オピニオン寄稿、直撃インタビューなどでお届けする、NewsPicks編集部のオリジナルニュース連載。
日本マクドナルドホールディングス株式会社(にほんマクドナルドホールディングス)は、東京都新宿区西新宿に本社を置く持株会社である。J-Stock銘柄。米国マクドナルド・コーポレーションの持分法適用関連会社(affiliate accounted for under the equity method、49.99%所有)。 ウィキペディア
時価総額
6,701 億円

業績