新着Pick
186Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
IT系は特にオンラインでの協働で仕事が完結することも踏まえると、下請けや孫請けになると、相当コミュニケーション能力の高いPMが細心の注意で進めないと、まともにプロジェクトは動きません。

しかも責任の所在も曖昧になり、細かいことが分からない元請けが不具合の迅速な対応もできなくなるので、かなりの失態だと思います。

企業群のチーム制にして迅速化できると思ったとのことですが、1企業内の百戦錬磨のチームが短期集中で取り組んだ方が早く良いものが出来て、保守の品質も担保されるので、そういう姿があるべきだと思います。
人気 Picker
役所の多重下請けが放置されているのは、本当に問題です。

不具合ばかり起こるシステムでは、国自体が信頼されなくなってしまいます。
多重下請け構造を容認する発言もありますが、私は、そうは思いません。

何故なら多重下請け構造にすると、プロジェクトの俯瞰ができなくなるからです。

世界的にも、多重下請け構造が、これほど酷いのは日本ぐらいではないでしょうか?

あなたは、自分のみえない部分の責任を負えますか?多重下請け構造では、そういった部分が多数あります。つまり、真剣に責任を負うことを考えれば、多重下請け構造は容認できないと考えています。

できるのか?という質問に関しては、日本以外では、多重下請け構造を排除できている国は、多くあると思いますというのが答えです。

勿論、多重下請け構造を見抜けない、容認する発注者の能力不足は言うまでもありません。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません