新着Pick
240Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
東京2020以降、JOCからの助成金が減少すると言われているスポーツ界はなおのこと自立していく必要があります。オリンピックという巨大すぎる大会の裏側を取材しながら、その功罪を痛感しました。スポーツ界が今後前向きに変わっていく上で、本当の意味のアスリート・ファーストが不可欠。東京2020では有観客とした際にラストマイルの必要性を考えると、無観客開催がベターだと考えています。どういう形で開催するのがいいのか、まだ時間はわずかにあるので、少しでも有意義な議論の材料になればと連載を企画しました。ご覧になっていただきありがとうございます。本項ではパラリンピックの価値についてほとんど触れられなかったのですが、取材はしてあるので、別の機会で掲載できればと考えています。
人気 Picker
状況が簡単でないことは誰だってわかっている。
大会開催に向けて、いろんな意見が対立するのも理解できる。

でも、
「この日のために死ぬほど準備してきたんだから、最高のパフォーマンスを披露したい」というアスリート全員に共通する思いと、「オリンピックを観たい」という全世界の観客たちの思いだけは、一致するのではないか?
ならば、安全安心を最優先し、十分な検査体制や隔離期間を設けて、無観客での開催とする、がベターな選択肢ではないか?

「満員の観客の前でプレーしたい」という思いは叶わずとも、最高のパフォーマンスを披露できる状態を用意することが、アスリートファーストな取り組みではないかと、私は思う。
五輪をめぐる議論で一番欠けているのが、「五輪をやるそもそもの意義」なのかもしれません。特集「東京2020のリアル」最終回は、「アスリート・ファースト」という安易に使われがちな言葉をキーワードに、五輪の本質的な意義について考える記事です。

個人的には、昨春よりはるかに深刻な国内外の感染状況や逼迫する医療の現状を取材した限り、今夏の開催はかなり厳しいと考えざるを得ません。しかし、どんな結論が出されるにせよ、五輪の意義を踏まえたしっかりした議論と、結論に至った過程・理由の丁寧な説明がなされてほしいと願っています。

それが、ゆくゆくは五輪の未来を守ることにもつながるのではないでしょうか。
大坂なおみ選手の活躍は、コロナ禍に沈む日本人の心を明るく引き上げてくれました。オリンピックでの選手の活躍はもっと大きなインパクトがあると思います。

現状を考え、できる範囲のことをすればいい。それがコロナパンデミックを象徴するオリンピックとして歴史に刻まれるはずです。
「最大のポイントは、選手にも競技団体や大会主催者にも権利と義務があり、お互いが確認し合いながら確立していくこと。そのプロセスを取り入れることが、“アスリート・ファースト”だと気づきました」
トライアスロンは、オリンピックに参加して20年、商業主義以降の姿がほとんどでした。その連合の大塚専務理事の言葉は新しい視座を与ええてくれると思います。
今、新しい言葉を必要としている。そのタイミングが東京2020大会。それはとても大事な価値ではないでしょうか。

具体的に今夏の開催については、とにかく各関係組織、体制におけるギャップを調整できるかが全てになります。ギャップの可視化、そこに新しい言葉で解決が可能なのか。短い時間ですが、それに期待したいです。
全豪オープンテニスの運営はとても参考になるのではないかと思いました。オリンピックはもっと規模が大きくて大変だけど、運営側が「なんとしてでもやる、批判も受ける」という強い気持ちが大事なのではないかと思いました。
オリンピックの最大の価値はその有形・無形のレガシーにあるとも言えます。
開催されるかどうか、できたとして無観客かどうか、論点は山積ですが、それらをしっかりと考えるプロセスもレガシーの一つになるのではないでしょうか。
「招致のときと、招致以降の考え方として、かなりギャップが出てしまった」という太田氏の言葉は重いと思います。
世界一お金のかからないコンパクトなオリンピック、と誘致時に掲げていたのに、気が付けば過去数回の大会を合わせたよりも高額の開催費用となり、政治が建設事業者に配慮したような予算の掛け方です。
また、森氏の女性蔑視発言において、アスリートの代表であるスポーツ庁の室伏氏も前任の鈴木氏も何らコメントを出しませんでした。

アスリート・ファーストが日本においては実行されないのか、それともオリンピック自体が既に役目を終えているのか解りませんが、グローバル社会において、オリンピックの再定義の時期に来ていると思います。
アスリートファーストで考えるなら間違いなく開催です。

無観客、縮小開催は世界的に実例があるため(実は今までだって五輪観戦者の99%はテレビ)。直近の全豪オープンテニスはかなり上手くマネジメントしてたと感じています
オリンピックは出たい人が出れるのではなく、誰かに選ばれる大会なのに、アスリート・ファストとは。
この連載について
東京五輪が揺れている。医療体制の逼迫に加え、組織委員会会長・森喜朗の辞任、不透明な後任人事などネガティブな面が噴出した。実際、準備はどこまで整っているのか。逆風でも突き進む理由は何か。そして主役となるアスリートへの影響はーーそのリアル。