新着Pick
66Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
先進主要国においてワクチン接種で先行する英国は2回目の接種より、なるべく多くの高リスク者に1回でも接種を優先する対策取ったけど正解だったよう。実際にこの3週間で、7日間平均の死者数は3分の1近くにまで急減してきている
人気 Picker
各国のワクチンの承認の根拠となった第3相試験とは異なり、少し注意書きが必要な研究結果です。

まず、この発症率の低下が示された期間はワクチン接種後15日から28日目に限定されます。その後にこの数値が高くなる可能性も低くなる可能性もありますが、それ以上のことはこの研究からは分かりません。

また、この研究のなかで比較対象とされたのは、研究の外側の医療従事者です。研究に参加した人はより熱心に観察されたことにより、感染者や発症者をより多く捉えられた可能性があり、その場合ワクチンの効果を低く見積もってしまっている可能性があります。また、その逆もありえます。

このような研究の限界を十分理解した上で数値を考察する必要があり、85%を一人歩きさせてしまっては間違います。

ただ、1回でもある程度の効果を一定期間出しそうだと考えるには十分な情報でもあり、今後のワクチン接種の戦略に影響を与える可能性があります。

引用文献:https://www.thelancet.com/journals/lancet/article/PIIS0140-6736(21)00448-7/fulltext
あくまで感染リスクの高い医療従事者に対する検討であること、そして期間が限定されていることから、実際の有効性をそのまま評価してはいないという限界はあります。
そのため、山田先生のご指摘通り、『85%』を額面通りに受け取れません。
しかし、有効性があきらかになってきたことは間違いなく、接種率を高めた国から出口戦略を考えることができるようになる可能性がみえてくるのかもしれません。

この研究結果に関し、簡単に翻訳して共有します。
▷新型コロナ(SARS-Cov2)ワクチンは、単回投与でもある程度の有効性が期待できるかもしれない
https://pediatric-allergy.com/2021/02/20/bnt162b2-vaccine/
一時期は新型コロナの猛威にさらされたイスラエルは、ワクチンで感染者が激減した。
臨床試験でも6割だったし、60歳以上には3割という結果も出てるので、ちょっと高過ぎるような

12/20の週から+60にワクチンの接種が始まったけど、トレンドが変わったのが2回目の接種が始まってから、つまり4週間後から。という推移を見るとこの研究はなにか見落としてるんじゃないかなー?

https://twitter.com/segal_eran/status/1360966354803843074?s=19
日々、いろんなデータがこうして発表されていますが、国が違ったり、憶測めいたものもあったりして、自分が接種するようになるワクチンとの共通点や違いがようわからん…と混乱してる人もいるはず。

なので、今夜10時から「ワクチン接種の疑問に医師&薬剤師が答えます」という番組をやります(ライブ配信ではありません)
視聴はこちら⬇️
https://newspicks.com/live-movie/1099

すでにワクチン接種済みのおふたり、医師の山田悠史さんと薬剤師の小崎彩さんに、ワクチン接種についての基本的理解を深める13のポイントを伺い、まとめてますので、ぜひ今夜10時からご覧ください。(ライブ配信ではなく事前に収録したコンテンツです)
ワクチン接種1回で発症85%減。イスラエル研究者が発表。ワクチンの効果はかなり高そうですね!
ジャーナルは英医学誌「ランセット」。接種可能人数にワクチンの接種回数は関わってくるかと思うので、1回での効果が比較的あるということであればいいなと思いました
2回接種が推奨されていたところ、1回でも85%というのは期待が持てる数字だと思います。

業績