新着Pick
49Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これはなかなか興味深いな



バーディン氏はGoogleにWazeを売却したことについては「私はGoogleの中で達成したことを誇りに思っていますし、Wazeの売却も成功だったと確信しています。問題は私でした」とコメント。細かな擦れ違いが7年の間に蓄積し、疲れ果ててしまったのが退職の理由だと明かしました。

また、売却を決意した2013年の自分へのアドバイスとして「Google内でイノベーションを起こそうと躍起にならず、さっさと会社を辞めてイノベーションを達成できるチームを作ることに専念することをオススメします。とはいえ、口で言うのは簡単でも、自分の会社と会社の使命を愛している人には難しいことでしょう。それでも、会社の売却を決めた時に、自分の時代は終わったと正直に認めて、自分が会社を引っぱっていけるなんて考えないようにするべきでした」と述べました。
結局高い給料と福利厚生は言葉は悪いけど飼い慣らすためのものなので、そもそも飼われたくない人間にとっては意味がない。この方のように大きな自己成長を目指す場合はとても健全な受け止め方だと思う。どのポジションであろうと組織が大きくなればなるほど役割は小さくなるのである程度仕方がないとも思うけど、グーグルでも歯車感は否めない。
Googleの光と影がみえる記事ですね、以下の言葉は、本当に重いです。

(以下、記事中から引用)
「Google内でイノベーションを起こそうと躍起にならず、さっさと会社を辞めてイノベーションを達成できるチームを作ることに専念することをオススメします。とはいえ、口で言うのは簡単でも、自分の会社と会社の使命を愛している人には難しいことでしょう。それでも、会社の売却を決めた時に、自分の時代は終わったと正直に認めて、自分が会社を引っぱっていけるなんて考えないようにするべきでした」

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません