新着Pick
29Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
1000万回以上接種された結果として これまで報告されていた安全性のデータとおおむね相違ない結果です。ある程度大規模に打っても想定外の副反応が起きていないというの良い結果です。

なお死亡については、たとえばワクチン打った数日後に交通事故に偶然あって亡くなった、というケースも含まれます。まれで想定外な副反応も見逃さないよう、丁寧に調べているのです

ーー
1380万回分のワクチン接種が行われ、6994件の副作用が報告された。

アナフィラキシーと呼ばれるまれな激しいアレルギー症状の発症は100万回の接種当たり4.5件だった。
また、113人の死亡が報告されたものの、ワクチンとの因果関係は明確ではないという。
第3相臨床試験の段階で数万人規模の参加者がいて、重篤な副反応は非常に少ないことがわかっていたため、想定通り、もしくはそれより少ない数字になったという結果です。アナフィラキシーの副反応は0.00045%と極めてまれで、接種する側としては安心材料となる数値ですが、接種会場では万が一の時に備えてアナフィラキシーの対応を想定し入念に準備しておく必要があります。
説得力のあるエビデンスとメッセージです。重篤な副反応が起こる確率はインフルエンザワクチン接種後に重篤な副反応が起こる確率と同程度と考えられます。インフルエンザワクチン以上に高い発症予防効果が示されていることを考えれば、幅広く接種されるべきワクチンだと言えます。
mRNAのワクチンは、mRNAが体内で分解されるのが早いため、安全性が高いという話を耳にしたことがあります。


113名が死亡、と聞けばびっくりしてしまいますが、
母集団が大きくなれば様々なケースがありえるのだと思います。
因果関係が明確ではない事柄で、ことさらに騒がないようにするリテラシーが必要になってくるように思います。

業績