新着Pick
129Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
もともと書籍の売り上げは、全体の25%程度で、あとはコミック、雑誌、広告収入、ロイヤリティ。それでも小学館、集英社に比べれば書籍の割合が大きく、それが売上の足を引っ張ってるとは、すでに20年前から、社員が半ば冗談のように言っていたこと。

もともと日本における電子書籍の売り上げの8割はコミックで、世界的にも稀有な状況。雑誌売り上げに占めていたコミックの主戦場が電子書籍となれば当然だろう。

また、海外への版権売りについては、3、4年前から過去のものも含めて一気に積極的攻勢に出て、長年の赤字から脱出したと聞いている。過去のものを売り尽くしたとしても、版権のアドバンスは高騰し、また各国に市場が広がっているものと思われる。
マンガがある出版社は、電子書籍でも権利ビジネスでも強いよね。講談社は早くから、その特性を見抜いていた。
コロナ禍ではやはり豊富にコンテンツを所有していて、かつそれをDXにより収益に繋げられる企業が強い。「講談社全体で売り上げは前年比6・7%増、当期純利益は同36億円増の約108億円」と長期にわたる不況に喘ぐ出版業界の中で出色の決算内容
すばらしい。マンガの電子化と海外の権利ビジネスで屋台骨を立てた。業界全体が苦しむ中、そして莫大なレガシー事業を保有する中、増収増益はすごい。講談社は早くからデジタル+海外に力を入れてきた。デジタルマンガを海外展開をする共同研究をしたのも10年前。コロナで加速したんですね。
電子書籍は紙の書籍とだいたい同じ値段で売れるものの、印刷・流通・返品のコストがかからないので粗利率は段違い。売上増は6.7%でも粗利増はそれを遥かに上回っているでしょうね。あと試し読みなど販促も仕掛けやすいんだよね。

苦しんでいる出版社はDXについていけてない一般書籍や雑誌の出版社。つまり進化出来ていないだけ。コミックの電子化が先行していて、漫画だからと思われがちだが、実は一般書籍の大半が電子化すらされていない。
デジタル変革はなんのために、を説得する一つの材料にしましょう。出版だからだろう、と言われても、次がどんどん来ますよ、と
講談社の2020年11月期決算で、電子書籍と権利ビジネスを合わせた売上高が紙の出版物を初めて上回りました。
コロナで本屋さんには出かけず電子書籍を購入するというケースも少なくなかったかもしれませんね。