新着Pick

テスラの自動運転に採用されないLiDAR技術、業界で注目を集めるワケ

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア
157Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
LiDARが採用されないのは価格と結論付けられており、確かにそれもありますが、人間の目にLiDARセンサーが付いてない以上、カメラの映像のみで周囲の状況を認知して行動することは十分可能ということでもあると思います。
人気 Picker
すでに2年ほど前にはミラーレスLIDARが出る出ると言われているものの、まだ販売されているものはないように思います。

カメラだとコストが安いという記述がありますが、その代わり深層学習を車内で行わなくてはならないので処理エンジンのチップの開発・搭載コストや電力の問題が別途出てきます。

【簡単解説】自動運転のカギとなるセンサ「LiDAR」
https://newspicks.com/news/2942750
LiDARはエネルギー消費量が結構大きくEVの航続距離が1-2割は平気で下がるんです。テスラはそれが嫌なんじゃないか。消費電力という意味ではICEの方が採用しやすい。

コストは使うレーザーの種類と設計によってかなり異なる。Luminarは通信用レーザーを1つだけ使用しているが、レーザーに使うのは特殊な窒化ガリウムの化合物半導体。量産に入ればある程度コストは下がるが自動車に必要な数量はまだ作れない。かつてはトップランナーと言われていたVelodyneですが、設計思想が悪いのかコストを下げられず業績は冴えない。
テスラはLiDARを採用せずに低コストなイメージセンサーだけで実現する。

コレがホントのイノベーションですよ。
Teslaは画像処理でFSDを実現しているけど、Elon MuskはLiDARのコストとデザインがダサくなることを採用しない理由に上げていたので、価格が下がって小型化すれば搭載する可能性もあると思います。
Elonの言い分は「だって人間はLiDARを持っていなくても運転できるだろう?」ということです(表向きは)。

他社は「人間が見えないところも見えるようにすることで人間よりも安全なものとする」ことを考えてLiDARを採用しています。

実際に、どちらが、より安全なクルマになるのか…みなさんは、どう思いますか?

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
時価総額
73.4 兆円

業績