新着Pick
973Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
す、すばらしい! さすがNASAですね。

いったい火星はどんなところでしょうか。


色々と楽しみですね。
人気 Picker
やったーーーーーーーーーー!!!!!!!!!うおおおおおーーーー!!!!!

さあ、僕の仕事が始まるぞ!!!!走るぞ!!!!目指すは地球外生命の証拠!!

追記

日本時間7時よりクラブハウスで喜びの声を届けます!

https://www.joinclubhouse.com/event/PbzndR35



追記2
きのう書いたブログ。夢がひとつ、叶いました!!!
http://hiroono.com/ja/2021/02/18/perseverance-ja/

追記3
みなさん、本当に、本当に、本当にありがとう!!!!みなさんの特大元気玉が火星に届きました!!
信じられない。。この4年、穴が空くほど何度も見てきたマップのど真ん中に着陸してるよ。。ずっと前から知っていた場所に。。なんか「よく来たね」って気分。
やったー

これは快挙ですね

この探査機の開発は日本人エンジニアも関わってて、彼のTwitterで楽しみにしている様子が伝わって来てたので自分のことのように嬉しいなと感じます。

昨日から着陸を見守るライブ中継もネットでやっていて時々見てました。

火星へのこの手の着陸がアポロの月着陸ほどのインパクトは低いでしょうがこのサイズが無事送り込める技術は素晴らしいものがありますね

はやぶさといい、今回のランディングといい、宇宙世紀の始まりを見ているようでワクワクします
数年後にはspaceXの有人火星探査機がサクッと着陸するんだろうなぁ。。
惑星ローバーの研究は、移動ロボット分野でこれまで広く行われてきています。
1997年のSojounerにはじまり、SpiritとOpportunity、そしてCuriosityに加えて、今回Perseveranceが無事タッチダウンしました。

火星の場合、電波の往復に数十分かかるので地球上からリモコンで直接ローバーを動かすことは難しく、ロボットの知能とも言うべき「自律機能」が非常に重要です。
これまでの知見に基づく高度な自律機能と高い頑健性を有する半導体技術等により、Perseveranceの「頭脳」ともいうべき部分が構成され、こうしたミッションの遂行が可能となっています。

アカデミアとしても、最先端のソフトウェアおよびハードウェア技術の領域で貢献したいところです。
今後、予定通りローバーが動き回り、ミッションが成功裏に完遂されることを期待します。
これは本当に快挙と言わざるを得ない。中国の火星探査機は先に火星周回軌道に入ったのに、まだ軟着陸にチャレンジできていないが、アメリカの探査機はさっさと大気圏に突入して着陸に成功。NASAの底力を感じる。
1989年7月22日、アポロ11号による人類初の月面着陸の20周年を祝う記念式典で、当時のブッシュ大統領はアポロ宇宙船に乗り込んだ3人の宇宙飛行士を前に高らかに呼びかけを行いました。
「我々は再び、あの『夢』にもどろう。未来に向かって旅立とう。人類を乗せて『火星』へ。」

ブッシュ大統領はさらに1990年5月、テキサス農工大学で講演をし、
「アポロ月面着陸の50周年にあたる2019年までに、火星に星条旗を立てる」
と、宣言していました。
すごい!!朝からワクワクです!!
諦めない事、チャレンジする事。震えます

小野さんのブログも、ぜひ!↓
http://hiroono.com/ja/2021/02/18/perseverance-ja/?fbclid=IwAR0urIBHSYfoFikIafj3PLsUFvwj2TeV2izB4EwmcDM449NNB19D4YHVDtw
おめでとうございます!
テレビの映像を見て私も興奮しました!
これからの活躍が楽しみです!
地球外生命の痕跡が火星から見つかるのか、楽しみですね。小野さん、石松さんおめでとうございます!