新着Pick
13Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
以下感想となりますが…日本は超高齢化社会を迎え、極論すれば55年体制の絶頂だったバブル時代の価値観を引きずってまだ日本は金持ち国だと思っている人たちが群れてリーダーのたらい回しをしているまま30年が経ってしまった国なんだと思っています。

この30年で世界はもっと複雑化し、しかも技術革新で加速しました。伴って多様性を持って対応しないとスピードが上がらない中、未だに悠長にすでにエルダーとなったボーイズクラブがずっと実権を持ち続け、もはや化石的な価値観とスピードで物事を進め、その下で同じような価値観の群が再生産されている…生み出せないから今ある資産をどんどん食いつぶしているだけなんですが…
そんなふうに私には見えます。

最近でも、無意識にものすごい女性差別をしている&そこに迎合している女性がいる現場をいくつも見て「ああ、この人たちは自分が今差別をしている自覚もないのだな、女性となると違う生物と思っちゃうから判断軸も変わっちゃうんだね。」と思ったばかりです。

このまま日本は沈みゆくと思いますが、せめて若い世代の方は日本の枠に囚われず、世界で活躍できたらと願ってやみません。本来なら国はそういう新しい挑戦や次世代の教育にこそ戦略資源を当てるべきでしょうが、残念ながら体制は55年のママ…個人の力で切り開くしかないと思う方がきっと良いのだろう…そんなことを考えさせられるこの一連のニュースなのです…
今回のことででてきた論点が、一般女性の視線でよくまとめられた記事。

「 今回の森氏の発言や、そこから派生して起きた政治家や財界人の発言、辞任の遅れや後任人事まで、一連の出来事のすべてが、異質な意見を取り入れずに同質的にまとまろうとするドメスティックで男性中心的な日本の組織・社会の病理を象徴しています。だからこそ、多くの働く女性たちの日常の経験に重なり、批判の声が広がったのだと思います。」

まさにその通りだ。付け加えることがあるとしたら、実は、その同質おっさん中心の組織から排除されているのは、女性だけではなく、昭和おっさん的価値観を共有しない(多くは40歳未満の)男性たち、外国人たちもである、ということだ。

今回の出来事についての意見を求めることは、私にとって、一つのリトマス試験紙となっている。昭和おっさんの世代でも、森発言に憤り日本の行く末を案じている男性もいれば、「笑い」を漏らしている男性も、さらには女性もいる。でも40代未満の男性の多くは、私の味方だ。アメリカでの黒人差別に対するデモに多くの白人Z世代が参加していたように。

今回ことが大きくなったのも、SNSの影響もあるが、それを問題と捉えて大きく報道するメディア、そのメディアの中の人の存在も大きい。

この変化に期待したい。
このような議論で出る「男とか女とかは関係ない」という話は、どのような意思決定の場にも女性が3割入ってからの話だと思います。
海外からの声を使って「これは国際的には通用しませんよ」という報道が多く、少し言い訳がましさを感じました。そのくらい、国内の権力者にモノを言うのは難しい状況の日本。海外云々を引きあいにださないでも、おかしい現実を変えていけるよう、多くの人が声を上げていく必要があります。スピードを上げないと経済だけでなく、社会もガラパゴスです。