新着Pick
250Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
気の毒な…人選。

不毛な論争は無視して
現場の業務引き継ぎに注力すべきでしょう。お疲れ様です。
人気 Picker
取材の過程では、IOCの信頼もあるようでした。一方で、森会長の候補検討委員会については、その過程だけでなく、どこで何時に行われているかも非公表です。昨日夕方には、一部別の名前をあげて速報したメディアもあり混乱しました。選考過程の透明化をうたったからには、橋本さんにまとまった説明が求められます。大臣辞任ののち、自民党籍の扱いがどうなるのかも焦点となります。
すごく単純に、この東京五輪・パラ組織委員会の会長という職のjob descriptionが分からないので、どういうcapabilityの人がフィットするのか判断出来ない、という企業的な感想を持ってしまいます。

あと、この、他の要職から引っぺがさないと人材がいない事態というのは、ニューヨークにいる知人が書いた、バイデン政権における人材登用についての以下の記事を思い出しました。
******
今回の人事を見て感じるのは、人材のパイプラインを時間をかけて築くことの重要性だ。このたび抜てきされた女性たち、マイノリティーたちは、ある日突然現れて、少数派という理由からお飾りで指名されたわけではない。今40~60代の彼らは、20~40年かけて実力をつけて、キャリアを磨いてきた結果が今につながっている。そして、どの人にも、目をかけて育て、励まし、鍛え、引き上げてくれたメンターや上司たちの存在があったはずだ。これだけ豊かで多様な人材を育てるためには、それにふさわしい時間と努力(本人の努力はもちろん、周囲も)が投資されてきたに違いない。

日本で女性幹部が少ないことが話題になると、「ふさわしい人材がいない」といった反応をよく聞く。でも、いつまでも、ただそう言い続けるのであれば、次世代のリーダーとなる女性が育つことはないだろう。
******

以前、PwCのイベントに小松製作所の坂根社長が登壇して下さった際に
「経営者は、自分の3代先までの後継者を育て、考えておくべきだ」
と仰っていたのを、とても印象深く覚えています。

今回の一連の騒動は、日本の社会の仕組み上の様々な課題について考えさせられます…
最重要である「選考プロセス」が公開されていません。

これじゃあ、「密室の話し合い」で決めたと言われても反論できません。
こんな火中の栗を拾ってくれたわけだし、オリンピック成功に向けてメディアも野党も国民もしょうもない揚げ足取りはやめて、一丸となって応援していきたい!
森喜朗会長との関係も考慮するともともと選択肢はなく、当初から有力視された橋本聖子氏に結局は一本化されることに。オリンピック・パラリンピックをやるのかやらないのか、やるとしたらどんな形をとるのかなど高度かつ重大な政治判断が必要な局面のため、透明で民主的な選考プロセスを踏む余裕すらなかったのだろうと推察します。
結局、「小さな密室」から「大きな密室」での決定ですね。
いずれにせよ、すったもんだの後の現時点では、橋本聖子さんしかないかも知れません。大役、ご健闘お祈りします。
本人が固辞していたのは事実で、それを覆したのは永田町の爺さんたちなのも間違いない。にも拘わらず、森氏辞任の時はギャースカ言ってた女性たちが今回はだんまりなのはなぜなの?いっておくが、これこそあなたたちが批判していた男社会だったのではないの?女が選ばれればなんでもいいわけ?
ちなみにセクハラ問題は個人的に問題だと思っているので、この人は適任だとは思っていません。
「透明性と言われる非公開の会議?」で決まった橋本さん、頑張ってください。もう誰でもいい、と言ったら失礼ですが、兎に角オリパラ2021を成功させましょう。魔女狩りやめ、足のひっぱりも禁止! 早く、アスリート達の活躍を見たいものです。そしてコロナ禍における東京五輪が、レガシィとなれるように。
無理やり感たっぷり人事。
変われるチャンスをまたもや逃すことになりそうですね。
組織委員会の定款では、あくまでも会長を選出する機関は理事会なので、任命責任は理事会が負います。そのため、検討委員会が会長"候補"を選ぶプロセスに本来は透明性は必要ありませんが、なぜかメディアは定款を詳しく報じないため、その辺りを理解しておられる方が少ないように感じます。

さらに言えば、当の理事たちすら自分達が会長を選ぶ責任を負っているという自覚がないかもしれません。この問題の本質は、組織委員会の理事会の形骸化ではないでしょうか。