新着Pick
677Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
占星術のことはよくわかりませんが、「自分を知る」ことの大切さは間違いないと思います。昨日の入試で「情報洪水の時代に限られた資源であるattentionを目的達成のためにどう効率的に使うかという考え方がある一方、attentionをあてて初めて重要だったり気づくこともある」という主旨の英語の問題がありました。ビジネスも含め「ゴールから逆算」と同じかそれ以上にいろいろな経験をして自分の潜在力を揺り動かすことを見直す必要があるのだと思います。
自分を知ることは大事ですよね。
世の中の変化が激しい時代に、クッキーの型にはまっているだけでは、(受け身で物事をとらえていては、)その形の型がその時は正解だったかもしれないけれども、焼き上がったときには、もう時代は違った型が正しかったとなりえてしまいます。
自分を知るためには、自分は何が強みなのか、一方で何が苦手なのかを見極められると、強みはよりいかせる方向に、そして苦手な部分はいかに補えばいいのかと動けるようになります。情報過多で、様々揺れ動く要素が多いですが、一度立ち止まって自分を見つめてみるというところなのでしょうか。
社会の潮流に合わせることは大切ですが、流れに合わせるだけではなく、自分の価値観を大切にし、行動することが重要になってきた時代なんだと思います。
やりたいことがある人は、とても生きやすい時代になってきたのではないでしょうか。

>社会から「クッキー型」のようなものを与えられ、「今はハート型(もしくは星型)の価値が高いから」ということで、自分という生地をハート型や星型に抜いていくようなイメージです。
金融領域ではオープンバンキングが進んでいます。これはまさに開放するということ。閉じた世界から開かれた世界へ大変容しています。欧米を中心に次々と顧客中心のFinTechサービスが生まれているのは、オープンバンキングの風があるからです。

土の時代はクローズドな世界で、自前主義。競争はあっても、共生はあまり意識しなかった。感性で生きるとは人間らしい生き方をすること・・・・・・。いろいろと考えさせられます。

たしかにコロナパンデミックで時代がグラッと変わったような感じはしますね。
『世の中には「己を知らない」人が多い』とのこと。はい、私もそうです(笑)自分のことがいまだによくわかりません。

『持てるリソースを「自由に使っていいよ」と開放』『シェアする感覚がとても重要』はとっても共感します。
昨日、ある経営者から、自身の事業がいかに「風の時代」に合っているかの熱弁を聞きました。
「土の時代」ではなく、「風の時代」だから説明がつくことが多いと。
古い時代のバリューに縛られて、自分の可能性にリミットをかけてしまってはもったいない…はまさに!自分で自分の呪縛を解き放っていくこと、大事ですね。そのためは自分に対するメタ認知を!
「占星術は自己理解ツール」、おお!そうだったのですね。

自己理解を深めることは、人生においてとても大切なことだと思います。
仕事をしていると、様々な仮面(ペルソナ)を被ることもあり、本当の自分の個性や強みに気づかないまま、日々のことにすり減っていることもありますね。
自己を知ることは大切ですが、一方でなんらかの「鏡」の力の借りないと、自分を自分で見ることはできないですよね。

企業研修では、MBTIやストレングスファインダーなどの心理検査ツールをヒントに自己理解を深めたりします。
占星術も何らか企業研修に役立てられるといいですね~。
まずはしっかりと自分を理解するところからはじめてみようと思います。職歴とか経験は毎年棚卸ししてますが、別の角度で自分を棚卸しが必要だと思いました。
この連載について
まるで預言者(プロフェット)のように、新しい時代のうねりをいち早く紹介するNewsPicksのインタビュー集。本質を見抜く視点を毎週つむいでゆくことで、ちょっと先の未来を覗こう。