新着Pick
260Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
コロナ禍なのに、ではなくコロナ禍だから、だと思います。コロナ禍によって時代の変化が加速して新しい造語が沢山出来ました。例えばオンライン老け顔です。そうすると、男性用を含め売れる化粧品が変わります。起業の増加は変化への前向きな対応を意味すると思います。変化に対応出来ない企業はレガシーと言われ淘汰される運命にあると思います。
人気 Picker
コロナ倒産も多いが、「コロナ起業」も世界的に増えているようです。

アメリカでは、2020年は前年に比べ起業率が24%増え、10月だけで60万件だそう。

失業者が増える一方で、自身でビジネスを立ち上げる人が急増しているとのこと。特にネットで完結する形態が多いようです。
コロナのような出来事が逆にビジネスのインスピレーションになりますよね。ピンチをチャンスに変えるいい話です!
コロナという大きな外部環境の変化が、新しいビジネスを生み出す契機になっているのでしょう。

環境変化は、多くの旧態依然たる業種を苦境に陥れますが、同時に新しい業種が生まれるチャンスにもなります。

近いところでは、ITの普及がまさに大きな外部環境の変化の最たる例です。
フリーランス協会が昨年実施した調査でもコロナ禍で会社員の起業志向が高まっていることがわかっています。しかし世界的なトレンドだったのですね。興味深い。
世界がまるごと変わる。新しいビジネスの機会が転がっている。コロナ「なのに」ではなく「だから」起業が増える。起業志望の若者と話すと、こんなチャンスはないと目を輝かせています。いま元気な人たちが、次の時代を作るのでしょう。
これは当然のことで、新型コロナウィルス禍で「ペインポイント」が激増しているため、それを見つけた人たちが、「ソリューション」を実現するために、スタートアップを起業しているからですよね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません