新着Pick
2437Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
特集「速く、わかりやすく書く技術」を5日連続で公開中。第3回は、欧米で大学1年生が学んでいる「パラグラフ・ライティング」。世界標準の書き方なので、グローバル時代の必須スキルです。

指導者の倉島保美さんが書き方の「5つのルール」を解説。この記事そのものを「パラグラフ・ライティング」で書きました。時間のない方は、青い文字(トピックセンテンス)だけ拾い読みしても内容がわかります。

どんな書き方なのか、本当にわかりやすいのかを確認できますので、ぜひご一読ください。


【特集の概要】
「書くスキル」はビジネスパーソンにとって必須スキルです。コロナ禍のリモートワークによって、対面でのコミュニケーションが減り、オンラインでのやり取りが増えたため、「書くスキル」の重要性がますます高まっています。

しかし、多くのビジネスパーソンは日本語の文章を「書くスキル」をわざわざ習ったり鍛えたりしたことがありません。

そのため、ビジネスの文章を書くこと自体のハードルが高く、書き上げるのに時間がかかってしまいます。書いた文章はビジネスの相手に伝わりにくく、目指す成果をなかなか上げられません。

これは書き手にとっても、読み手にとっても、非効率・非生産的です。互いの時間と労力の無駄たるや計り知れません。

そこで、この特集で「速く、わかりやすく書く技術」を紹介します。
企画書を書くときはいつも、各ページのタイトルを繋げていけば、概要は掴めるようにしようと思っている。
全部説明したら30分かかる内容でも、突如相手に時間がなくなっても3分で説明できるようにするためだ。
本記事で言う「トピックスセンテンス」に当たる。

該当箇所に書かれていることはとても重要で、これが出来ないようでは相手に納得してもらうことは出来ない。
文章を書く、企画書を書くというのは、相手に納得してもらって初めてその目的を達するわけで、読んでもらうだけではダメなのだ。
文章の先頭で結果や結論を書くという点は、書く側だけではなく、読み方としても参考になります。
論理的な文章を書く上で欠かせないスキルですが、「さあ、やろう」と思ってすぐてきるものでもなく、上手な人に添削してもらって何度も練習する必要があります。なので、やはり大学や大学院の授業で学ぶのが理想的かと。

あと、日本人学生の英語論文を添削したことがあるのですが、パラグラフとか以前に文章が明確でない印象でした。文法は正しくても、奥ゆかしい日本語をそのまま英語に置き換えようとしているのか、読んでも何が言いたいのか分からない。短く簡潔に言えることを、倍以上の単語を費やしている感じ。英語で書く場合、このパラグラフ・ライティングと合わせて、簡潔に、to the pointで書くスキルも必要であると思いました。
相手にメールや資料の内容が伝わらないとき、ついつい相手のせいにしてしまいがちですが、そのようなときは、常に自分の伝達力、ロジカルシンキングを見直すべきだと思います。

>読み手に「わかりやすい」と感じさせるために、メンタルモデルをベースにしているのが「パラグラフ・ライティング」である。
私にとっては何が大変ってパラグラフ冒頭の一文。パラグラフで伝えたいことをまとめた文章にはなかなかならないんですよね〜ついつい日本語的な「起」の文になって苦しんだ留学時代を思い出します。
欧米の調査レポートや白書はパラグラフ・ライティングにそって書かれています。まず要約があり、その具体的な内容の記述、最後に結論。ポイントは最初の要約ですね。どれだけ簡潔にまとめられるか、理解しやすいか。読み手を考えて書く必要があります。
昨日(下記)のスケルトンともつながる。
そして、本連載は執筆だが、記事にある情報処理のメンタルモデルは情報理解に超つながる。メンタルモデルを持っていると、情報の判断が早くなる。そして予想通りではないものに関して、考えて、元のメンタルモデルを修正したり、今後気を付けてみるというフラグを立てたり、そういう見方もあるが違うだろうと判断をする(そして次回以降はそれが高速処理になる)。
https://newspicks.com/news/5624215
私見ですが、トップジャーナルに掲載されている論文の文書ほど、ここにある書き方に近い仕組みが徹底されていて、さあ次のパラグラフをよもう!という気にさせてくれます。あとは、時間がない時は、パラグラフの一行目だけ読んでも、ざっくりでも本当に何がしたいかや意味がわかると感じる。自分で同じよなのは、まだまだ先だけど。

改めて勉強になる
読みましたが、比較的ベーシックで、これまで語られてきた「書く技術」をまた違った概念でまとめたものでした。ただ、簡略化しているからか、そのパターン以外の論理構成もの方法もあるよな…と思える点もあります。そのため、この特集はあくまで初級編として捉えておくべきでしょう。
この連載について
書く技術はビジネスパーソンにとって必須だ。しかし、多くの人は習ったことがない。そのため、ビジネスの文章を書くことがつらく、時間がかかる。書いた文章も相手に伝わりにくく、成果を上げられない。そこで、「速く、わかりやすく書く技術」を紹介する。