新着Pick
3225Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
読み手の立場に立つことの重要性を改めて感じました。「その想定読者が読んでわかるように書かなければいけない。これが意外とできていません。なぜなら、自分ではその内容をわかっているからです」という点は、少し前のWSJにも「教師がわからない生徒の立場にどうしたら立てるか」という記事がありましたが、痛いところを突かれたという感じです。
https://www.wsj.com/articles/how-to-teach-professors-humility-hand-them-a-rubiks-cube-11614352261

ちなみに、「書いた後にもう一度見出しをみる」ことは自分でしていますし学生にも勧めています。結構入り口と出口が違うことがあるので。
特集「速く、わかりやすく書く技術」を5日連続で公開中。これまで読んだ文章術本の中から、私が最も参考になった本の著者の方々に取材して直接教わりました。

第2回は、新聞記者が使っている様々な「型」を紹介。これを習得すれば、もう悩まずにすらすら書けるようになる! 元日本経済新聞記者の松林薫さんが伝授します。

このインタビュー記事を書くのに早速試してみたところ、たしかにこれまでより速く書けました。全体の設計図を見ながら書き、かかる時間と文字量が予測できたので、書き進めている間、気持ちが楽でした。

【特集の概要】
「書くスキル」はビジネスパーソンにとって必須スキルです。コロナ禍のリモートワークによって、対面でのコミュニケーションが減り、オンラインでのやり取りが増えたため、「書くスキル」の重要性がますます高まっています。

しかし、多くのビジネスパーソンは日本語の文章を「書くスキル」をわざわざ習ったり鍛えたりしたことがありません。

そのため、ビジネスの文章を書くこと自体のハードルが高く、書き上げるのに時間がかかってしまいます。書いた文章はビジネスの相手に伝わりにくく、目指す成果をなかなか上げられません。

これは書き手にとっても、読み手にとっても、非効率・非生産的です。互いの時間と労力の無駄たるや計り知れません。

そこで、この特集で「速く、わかりやすく書く技術」を紹介します。
パワーポイントの資料作成でも同様のことが言えますね。誰が読み手なのかをまずは明確にすること、全体の設計図=スケルトンを先につくること、見出し=タイトルを15-25文字でまとめること、それらをもって伝えたいことがずれてないか確認してから詳細作業に入ること、などなど。

基本であるけど、いや基本だからこそ、その違いが圧倒的な仕事の効率性を高める。基本ができている人はやはり素晴らしいですよね。

5W1Hの順番が社会記者と経済記者とで異なることや、起承転結の真ん中に事例や論拠をいえて論証する「展」を入れることなどはとても面白い。あらためて自分の文章を見直してみようと思いました。
分かりやすい文章を簡潔に書くポイントが多く出ている。その観点と、エモい文章という観点で。

分かりやすい文章を簡潔に、という点ではスケルトンは本当に重要。一種の仮説思考ともいえるので効率が良い。ただ仮説思考なので、解像度が低いことについてだと、スケルトン自体を修正しながら進めるということを前提とする必要がある。仮説ありきだと完成した時に実は全然違ったということになりうる。
スケルトン段階では、起承転結など要素の下は箇条書きにして、書くことだけでなく、自分の確度やアクションアイテム(これを言うためにはどういう調査が必要、まだ何が分かっていないのかの言語化)をすることが多い。
5W1Hは、Whenが先なのはニュースゆえかと感じた。基本的に読みやすい文章は主語述語が明確なので、Whoから始めることが多い。また段落ではWhoはあまり変えない。そのうえで文章を書いて、主語述語だけ読んで意味が通じるかとか、文章が長すぎる場合は途中で分けるなどをする(Picksでのコメントはほとんどそこまで精査していないが…)。

近年はビジネスにおいても、旗印を掲げて、周りを巻き込む必要性が高まっていると思う。その際に論理は必要だが、人が動くのは感情で、伝えるという観点ではロジックよりエモさのほうが重要になってきているとも感じる(その裏で事業計画・執行ではロジックは当たり前だが重要、巻き込む説得をする前提としての責任)。
後半に文章の基本形が出ている。起承転結や起承展転結の起でつかむという点はそうだが、承では詳細説明がロジックというより感情とかなぜやりたいか・やるべきかという「旗印」になると思う。
早く書く。
でも新聞だと字数制限があるから、削るための推敲に倍の時間がかかる。文章はシャープになるけども。

字数制限のないブログの方が、早くは書けるんですよね…
最初に「スケルトン(全体の設計図)」を書いたり、見出しを作ったり。
プロの文書書きはよくやることでも、一般にはあまり行われていないことかもしれません。
おすすめです。

ちなみに、新聞記者と雑誌記者の文章にはそれぞれ特徴があって、その道の人が読むとわかります。
最初に、どのような文章を書きたいのか、理想像を見つけるといいかもしれませんね。
私も仕事柄このセオリーに従って書いていますが、先輩からこんなに筋道立てて教わったわけではなく、何度も赤入れされておぼろげながら「決まった型があるんだな」と学習するようになったという感じです。最初にこんな形で教わっておけばもっと楽だったでしょうね!

あと、よくほかの職種の人から「ドラマみたいに書けなくて苦しむみたいなことってないんですか?」と聞かれますが、小説家ならまだしも、ライターは書式が決まっていて自動的に書くから書けなくて苦しいことはないです。ただ、ネタ切れで苦しむことはありますね。
コンサルタントもある意味モノ書く仕事なので、共通するところと、新聞はより「読み物」としての性質があるため違うところもあり面白かったです
まずはタイトルを考える、というのはスライドはメッセージから書け、というのと同じですし、〇〇について、みたいなトピックを書いても仕方ない、というのもあるある
ただし、ニュースにおいては各メディアから記事を集めてひたすらタイトルをつけているヤフーニュースの見出し部隊が一番そのノウハウが溜まってますよね。クリック結果を見ながらどんどん変えていってますし
自分の場合は、取材や公開情報の収集を徹底的に行ったうえで、小見出し、大見出しの順に考えてから、本文に取りかかっています。良い見出しができた段階で、原稿執筆の8割は終わったも同然という感覚でいます
私は、学術論文、コラムなどを日常的に執筆しており、今でこそある程度のスピードで書けるようになりましたが、最初は本当に苦労しました。

学生時代に、日本語、中国語、英語で学術論文を書き、学術誌や学会に投稿しまくりました。書き方から投稿方法まですべてが独学。酷評された初論文の査読コメントは今でも手元に残っています。

その後、何度も挑戦しては批評を受け、気が付けば同級生の誰よりも論文執筆や学会発表をこなしていました。2008年には中国政府主催の「全国博士生学術論壇」で優秀論文2等賞を獲得、博士論文は学内で最優秀賞に選ばれました。

「書く技術」は独学だったため、このレベルに達するまでかなりの時間と労力を費やしてしまいました。今回の特集のようなノウハウにもっと早く出会っていれば、もっと早い段階で今よりももっと上手に書けるようになっていたかもしれません。とてもいい特集だと思います。
この連載について
書く技術はビジネスパーソンにとって必須だ。しかし、多くの人は習ったことがない。そのため、ビジネスの文章を書くことがつらく、時間がかかる。書いた文章も相手に伝わりにくく、成果を上げられない。そこで、「速く、わかりやすく書く技術」を紹介する。