新着Pick
694Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
2020年12月22日(火)、木星と土星が20年ぶりに会合する、グレートコンジャンクション。200年ぶりに「地の時代」から「風の時代」へとエレメントが変わり「物質主義から精神主義へ」となったとのことです。ただ、この変化はパキッとこの日から、と言うより、前後数年も含めた変化らしいので、コロナ禍の時代に、なんか納得してしまいます。

占星術というのは、そこそこ信じるに値するかなーと思うのは、私たちは太陽暦で動いてるし、中華圏は月の暦で動いているし、女性の月経も月の満ち欠けに連動しているといわれるし、まぁーやっぱり結構、影響受けるものかもしれません。

どんなに科学が進化して、ホモサピエンスが地球上に増え続ける世においても、我々も大いなる宇宙、大いなる自然の中で生きている動物の1種類という感覚も大事かもしれません。
占星術はいいことは信じるけど、悪いことは信じないという都合の良い私ですが、「風の時代の主役は水瓶座だ」と言われて、これは信じなければ!と思っています笑

冗談はさておき、大きな時代の流れのなかでは、キーワードに挙げられていることは多かれ少なかれあるはずですし、逆に今後も土の時代のキーワードも当てはまるものがあるはず。
結局は、解釈のしかたなのでは?と思ったりします。

とはいえ、先の見えない時代のキーワードとして、「風の時代」って、なんだかネーミング自体が軽やかさを感じさせますし、変化を恐れないというか、自ら変化していくことが益々求められる時代を表すメッセージとして、とても相応しいメッセージだなと感じています。
運の流れってありますよね。
 ミレニアル世代の時代が、いよいよ本格化すると思うのですが、この性質と風の時代が似ているんです。
西欧諸国では、占星術は最もポピュラーな占いだそうです。

人間の体の多くは水分で、月をはじめとする星の引力に影響されていることを考えれば、あながち非科学的と切り捨てることはできません。

たまにホロスコープをつくって占っていますが、人の性格など結構当たっているように思えます。
NewsPicksで占星術の特集記事が組まれるなんて、しかもyujiさんのインタビュー付きで!!
10年ほど占星術を勉強しつつ、yujiさんのブログ愛読者として感動です。

個人的には古代バビロニアで生まれたと云われる占星術が5000年もの間、面々と受け継がれているのには、そこに真理があるからだと思っています。
過去を占星術で辿って行くと、10代で母を亡くしたその頃、確かに母親との強い葛藤を生む時期になって、事前に知っていればまさに「予言」と呼べるような星回りであったり驚くことが多いのが占星術です。

占星術の素晴らしいところは、未来予測に使えることです。
個人的な体験ですが、2014年から東南アジアのPJの参加するようになり、バンコク、ハノイ、プノンペンの若い人口や活力に圧倒される一方、国内の外食の人員不足を解消するための外国人留学生の活用について、良いコンサルティングの提供はできないものか、と考えていました。
人員不足の穴埋めに外国人留学生=対処療法であり、定着に繋げるなど必要があります。外国籍従業員の定着、という大きな問題を解決の糸口を探していた、とも言えます。

丁度2017年12月に土星(試練を与えるが具現化を促進する)が山羊座(具現化する)に移動することが占星術界では話題になっていました。しかも、やぎ座に土星が滞在中に、木星(幸福/拡大)と冥王星(生と死/再生)が近づく、トリプルコンジャンクションになることも大きな話題でした。
➡この時期に始めたことは一生身に付く
山羊座は私の出生図(生まれた瞬間のホロスコープ)の9室(高等教育)に当たるため、私は自身が抱える問題解決の糸口を大学院の研究に求めることに決めて、願書受付のわずか2か月前から準備を始め入学しました。
結果として、これからの日本社会に大切な研究だから、と大手企業様が4社研究協力をしてくださり、無事に「外国籍従業員定着要因」という研究成果を纏めることが出来ました。
星の導きに乗ると、無茶も上手く行く!を実感した次第 笑

様々な占星術師の書籍やブログを読みますが、2020年1月13日の土星と冥王星の正確な合(ぴったり重なる)を、リーマンショックよりも遥かに大きな不況、と予測したのはyujiさんとごく少数の占星術師だった思います。
後半の記事が楽しみです!!
意外な人からも「風の時代」というキーワードを聞くようになり、驚いています。
古代中国でも、日本でも星をみて今後起きることを予測する人は重宝されました。星占いには天体の運行を読むことも含まれているのでしょうか。明日が楽しみです。
こんまりさんも言われていた。これまでの「土の時代」が、「経済・組織・資産・学歴・ブランド」などに支配される時代だったとすれば、これからの「風の時代」は、「情報・オリジナリティ・センス・波長」と
「占い」の社会的機能に興味があります。経営者も政治家も、定期的に占いに通っている人が多い。自分の内面を掘り下げ、進みたい方向を明確化させてくれる「コーチング」の役割がある、というのが私の仮説ですが、占星術の書籍がこれほど売れるというのは、人々に内面を掘り下げられたい欲求が高まっているということでしょうか。
占星術的には大きな節目であったのですね。風の時代と言われてもピンとこないので後編もしっかり追わせてもらいます。ただ今は時代の変化点に来ていることはヒシヒシと感じております。
この連載について
まるで預言者(プロフェット)のように、新しい時代のうねりをいち早く紹介するNewsPicksのインタビュー集。本質を見抜く視点を毎週つむいでゆくことで、ちょっと先の未来を覗こう。