新着Pick
218Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
WSJの一面記事。ゴールドマンの個人向けサービスMarcusの資産運用が本日いよいよデビューし、最低投資額10万円、手数料は年35bpsでETFによる分散投資が可能に。下記3種のストラテジーが用意されています。

・コア ベンチマークトラッキング型
・インパクト コアと同方式で、石炭、タバコ、銃火器分野などを避けたESG投資
・スマートベータ ファンダメンタルズとテクニカルの両面を勘案してGSが独自に組成したETFで運用

https://www.wsj.com/articles/goldman-sachs-to-offer-its-investing-know-how-to-the-masses-11613471402

なお、現時点では個別株の売買機能はないとのこと。

消費者金融や預金サービスは先行して事業展開していましたが、資産運用こそ証券業の本懐です。Marcusは日本でも展開予定だということが過去にアナウンスされていましたが、これまで10億円以上の超富裕層に特化してきたGSがマス向けサービスを日本でも導入してくるのか、発表が待たれます。

日本のロボアド手数料はガラパゴス化しているような気がするなか、35bpsならギリ人にも薦められます。(5万ドル未満はFidelity Goが7bpsだけど)アップルカードと共に日本での早期展開に期待。


追記 他の方が書いておられるこれはAIじゃない、には完全に同意です。やればできるけど忘れちゃうから代わりにやって、という付加価値ですね。それはそれでニーズはあるのかと。

追記2 ちなみに弊社はプロプロというファンダメンタルズ分析支援ツールを開発運用しており、資本の最適配分を通じてよりよい社会を実現するアクティブ運用にこそ市場参加の意義があると考えています。実際に委託先を考えるときは、ロボアドよりCapitalのグロースファンドなどのほうが遥かによいでしょう。
0.35%で全部お任せできるのであれば、ニーズはあると思います。少なくとも日本のロボアドに積み立てている人は、乗り換えると思います。早く日本にこないかなー。
AIの利用はコスト面も含めて手軽になってきているのだろう。今日、のぐりゅうさんにClubhouseで聞いてみたい。

https://newspicks.com/user/304120/

AI搭載のアプリが増えてきたのも気になってます。。
ロボアド系スタートアップはウェルスフロント、ベターメント以降なかなか有力スタートアップがアメリカでは出ていません。アルゴリズムよりも、どちらかというと安い手数料が結果的にコスト分だけ運用成績を押し上げるという構図でした。

大手金融機関のこの分野への参入は以前から言われており、ゴールドマンに限らず、低コストで新規顧客を取るというアプローチは今後増えていくでしょう。そうなるとコストと、他のサービス含めた金融サービスとしての総合力の戦いになっていくので、少なくとも北米ではロボアド系スタートアップの苦戦が予想されます。
みなさん仰るように、手数料1%をぼったくる国内のロボアドよりは、ゴールドマンの0.35%は良心的。
しかし、賢明な投資家はそれすらコストと考えたほうがいいと思います。しかも債券等にアセットアロケーションしてもこのご時世では無駄でしょう。
ウェルスナビやTHEOの強敵が突如現れたのかもしれない。
ゴールドマン・サックス(The Goldman Sachs Group, Inc.)は、アメリカ合衆国ニューヨーク州に本社を置く金融グループである。株式・債券・通貨・不動産取引のブローカーであり、貸付・保険・投資銀行業務にくわえ、プライベート・バンキングも行う。GPIF年金運用委託先の一つ。元幹部が1MDB汚職事件について、アブダビ系ファンドの内外から巨額の資金流用に関わった。 ウィキペディア
時価総額
11.6 兆円

業績