新着Pick

「緊急事態」週内解除は見送りへ…病床使用率の改善不十分

読売新聞
政府は16日、東京など10都府県に発令している新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言について、今週中の解除は見送る方向で調整に入った。複数の政府関係者が明らかにした。 菅首相は、感染状況が改善した地域については3月7日の
164Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
我々一般庶民による感染防止の日々の努力の結果として、新規感染者数は着実に減少してますが、病床使用率の改善については、我々ではどうにもできないこと。そこを理由にされたらどうしようもありません。無策なんじゃないと思いますが、対策・努力が足りないのでは、と言わざるを得ません。

必死に現場で頑張っておられる医療従事者の皆様には最大限の敬意を示しつつ、彼・彼女らも助かる病床使用率の改善に繋がるインパクトのある対策を是非期待したいです。
人気 Picker
東京の新規感染者数を振り返ると、だいぶ減ってきたように見えますが、12月はじめぐらいのレベルに戻ったというところ。緩めればまたものの数週間で元の木阿弥ということになるかもしれません。年度をまたぐ春の門出は多くの人にとって大切なイベントが控えていますので、病床の状況に加え、再爆発を想定した場合でも判断は難しいと思います。
1年経ってこの陽性者数・重症者数で医療キャパシティが問題になるのなら、経済や社会活動との両立などとうてい不可能でしょう。
ニューノーマルの鍵となるワクチンも、接種する医師のキャパシティ不足など、この期に及んで問題とはもはや話になりません。
医師の一部の権限の委譲、都道府県をまたぐ医療資源の最適化、医療機関の一部の経営権の限定とこれに対する適正な対価の付与を含む、医療システムの聖域なき不連続な改革が不可欠です。このような改善は、現場で奮闘する医療従事者に労苦に酬いるものと思います。
東京都新規感染者350人、重症者は92人まで減ってまだ続ける意味が不明すぎる…

東京の入院患者数/確保病床は2,323/4,900で47.4%。同重症者は92/315で29.2%。そもそも東京全体で重症者向け病床がたった315床しかないって… 病院逼迫ってやるべき努力をせずに、壊す必要がない経済を自分たちで壊す。本当に意味不明すぎる…
現時点での見送りは仕方ないにせよ、ある程度の解除基準を明示しておいてもらえると、多くの企業は動きやすいはず
東京など10都府県に発令している緊急事態宣言について、今週中の解除は見送る方針とのこと
新規感染者数は検査を増やせばいくらでも増えるので人数で見るのは間違い

陽性率で見るのが正しい

東京の陽性率は 4.4% で11月上旬のレベルまで下がった

東京の陽性率
https://t.co/solFR9KQty

日本全体で見ると 3.1% でこれは10月中旬のレベル

日本の陽性率
https://t.co/mRclGEnZKf

日本は世界で最も病床が多いのに病床使用率が高いのは多くの病院がコロナ患者の受け入れを拒否して一部の病院に負担が集中しているから

一年も経つのに病床問題を解決出来ない日本医師会と小池知事は無能だ