新着Pick
341Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
主題とは関係ないですが、インタビュー中の「復元力」についてはとても大事なのだと思います。

短期的には、店舗などの事業規模を思い切って縮小して、赤字・キャッシュアウトを極小化するのが合理的。
ただ、コロナ禍はいずれ終息するという前提で考えた時に、いったん縮小した事業規模を「復元」しない限り、借入れた多額の資金の弁済に支障をきたすかもしれないし、借入金が多いのに利益水準が低いままだと株価も上がらない。
いつコロナ禍が終息するのか誰にも分らない中で、「キャッシュアウト極小化」と「復元力維持」をどうバランスをとるのか、経営者はとても悩んでいるはずです。

短期の視点に陥りがちな外野はすぐに「リストラしろ」とか言いがちですが、いったん縮小した事業規模を復元するには、(不慣れな)人材を新しく採用することのリスクとか、新規出店時の資金負担・リスク(実績のないところでの出店)とか、店舗を継続するよりも明らかに資金負担やリスクが大きくなります。
確かに商社は投資先単体の事業ではなくその上流下流のサプライチェーン全体での事業性や収益性を考えられるので、短期的な経営危機の状況においては、より広い視野での事業展開支援や運転資金の注入などの下支えが期待できてスポンサーとして相性が良さそうです。
この連載について
今、知りたい注目のニュースの真相から全体像まで、やさしく徹底解説。プロピッカーや有識者による対談、オピニオン寄稿、直撃インタビューなどでお届けする、NewsPicks編集部のオリジナルニュース連載。
双日株式会社(そうじつ、英称:Sojitz Corporation)は、日本の総合商社である。 ウィキペディア
時価総額
3,855 億円

業績

ロイヤルホールディングス株式会社(英語: Royal Holdings Co., Ltd.)は、ロイヤルホスト、シズラー等を展開する外食チェーン店の純粋持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
906 億円

業績