新着Pick
468Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
昨日の猪瀬氏のインタビューでも感じましたが、こんなに重要な仕事、なぜNO2が最初から決まっていなかったのか?そして、決めるのならなぜ誰も立候補しないのか?副会長がたくさんいますが、みんなお友達、お飾りではないと思う(思いたい)のですが。
昨日の猪瀬直樹氏インタビューで、猪瀬氏は「僕は、川淵氏は適任だと思いますが、ガバナンスを考えれば、撤回は当然の結論でしょう。」と述べていました。

では、川淵氏は本当に適任だったのかどうか。そして、後任に求められる資質とは何か。

川淵氏を森氏に引き合わせた張本人で、日本のスポーツ法政策に深く携わる境田弁護士の緊急インタビューをお届けします。
仮に川淵氏が適任だったとして、重大な問題点があった、ようにこのインタビューからもわかります。森氏や川淵氏が適任だった、とすれば国民感情としてはとても受け入れ難いのでしょう。
川淵氏はともかく、森さんには経験があったとしても少なくとも失言癖があり、国民感情を刺激しました。首相退任の経緯から明らか。
そしてガバナンスの点には触れられていない。本人に能力があれば良い、と言うのであれば、ガバナンスなどいらない事になってしまいます。ガバナンスが効いていないからあのような発言をしたのだと思います。
国民の投票を背景にした国会議員なら選挙で信を問えばいいかもしれませんが、会長の決定に選挙の仕組みはないので、よりガバナンスの観点が求められるはずです
"会長として、すべての決裁業務に対して、適正な判断を行い、実行するためには、大規模組織や大規模事業における組織マネジメントの経験・スキルが必要です"
境田さんのご意向に100%同意します。川淵さんは、僕が最も尊敬するリーダーです。無私の精神で、自らの損得を考えずに、Jリーグ&Bリーグを立ち上げられた功績は、絶大です。
東京オリパラの会長は川淵さんか、安倍前総理かが適任だと思います。ステークホールダーが多い難解な仕事です。性別&年齢よりも能力・実績・人望で選ぶべきだと思います
五輪組織委の会長職が文字通りお飾りでなく、実体のある重責であることがよくわかります。それを踏まえて、単なる人気投票でなく、その重責を担う資質を持った後任候補者が、透明性のあるプロセスを経て選出されるのは、容易なことではないとも思います。それを乗り越えて選出される新会長の下で、五輪開催への取り組みが前に進むことを期待します。
これだけの業務の統括責任ということになれば、物理的にもマインド的にもパワーのある人が必要ですね。
会長という立場が以下に複雑かこのインタビューを読んでよくわかりました。
これだけの資質をそなえながらこのタイミングの受諾をしたくれる人って他にだれかいるんだろう、、
そもそもは次期会長に相応しい人が現職理事にいなかったことに問題がありますが、そういう状況ならば、川渕さんを会長にしたら良いんじゃないか?という考えが浮上して、本人の意向を確認すること自体は問題ありません。
ただ、それはあくまでも内々の動きであって、他にもそうした候補者をリストアップしながら、最終的には理事会で決定されるという仕組みのはずです。
そのため、川渕さんが正式決定前にマスコミにいろいろと話してしまったことは大きな過失であり、本人も反省されています。

以上を大前提として、この記事はなぜ川渕さんが適任とされたのか?という部分に焦点を当てたインタビューだと理解して読む必要があります。
ほほう
この連載について
政治・経済の話題に関するNewsPicksオリジナルのインタビューやレポート