新着Pick
7Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
閉店してしまった店の味を復活させる。そんなプロジェクト「まぼろし商店」を取材しました。
仕掛け人は飲食のカリスマとして知られる大久保伸隆氏。
コロナで閉店する飲食店が多い中、そのレシピを有効活用し、メニューを考案した店主にも利益を還元する。
面白いのは、再現したメニューを通販するだけにとどまらない点。
失われたメニューを集めることで、その土地ごとに、例えば「長崎まぼろし商店」などの店舗事業も構想している。
また、惜しまれつつ閉店してしまった地元の名店を、メニューをそのまま受け継いだ「事業継承」の仕組みも作る予定。
大久保さんの取材は初めてでしたが、その発想力の豊かさに驚かされました。