新着Pick
266Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
お隣の韓国では、ヒュンダイ自動車が傘下の起亜自動車に委託製造を行わせるという噂や、ヒュンダイ役員の不正株式売却の話も出て、盛り上がっていますが、日本の自動車メーカーはどう出るでしょうか?
どのみち市場で競合するわけだから、厄介な「大きな話」と悩みが増えるでしょうね。
「アップルの単なるサプライヤーになると受け止められたとみられる」

サプライヤーとして生き残るのも一つの方向ではないかと私は思う。
過去にサプライヤーに提示してきたAppleが提示する契約書の類から考えれば、相当のジャイアン契約や条件が提示される可能性はあり、日系や韓国系のOEMはなかなかこの項目見るだけで受け止めきれないのではないか。ブランドのプライドをかなぐり捨ててまで、Appleの言いなりになる契約を結ばなくてはならないほど追い詰められてはないと各社思うのではないか。参入しても、その後にFoxconnとの競争になるだろうしね、どうせ。
素人が何言ってんだ、おととい来やがれ

って追い返したのかな、日産が
Appleをめぐっては、様々な自動車メーカーが噂に登ります。

実際、複数の自動車メーカーに打診をしている可能性は高いと思います。

複数社と提携ということも大いにあり得るでしょう。
生産メーカーがどこかという予想合戦の前に、Appleが自動運転車をどのようなビジネスモデルで実現しようとしているのか考えてみたい。

A. ハードウェアの上流〜下流までの一貫企画(過去例:iPhoneやMac)
B. 自動運転システムと関連機能を含めたプラットフォームのライセンス提供(過去例:MFiやApple TV、Airplayなど)

今までAの文脈で語られることが多かったし、記事でもAのやり方で提案したよう書きぶりだが、最終的にはBの可能性を模索するのではと予想。
Aに応じてくれる既存メーカーは早々いないし、FoxconnとかのODMメーカーがポッと出でAppleの要求水準に適うハードウェア(シャシーやボディ)を作れるとは思えない。もし、本当に自分たちが作りたいものを作るとするなら、TESLAのように生産まで自身で抱えるしかないが、そんなリスクテイクはやらないはず。
だとすると、Bのほうが現実味を帯びてくるし、ビジネスとしても拡大余地が大きいと思われる。Aに行くのは、Bで安定したシェアを取ってからでも遅くはないはず。
世の中、素晴らしい実力を持つ「単なるサプライヤー」は一杯あります。
日参したのはどちらかな?
これは日産側が協議に乗るべきだったのではないかなというのが個人的意見。具体的な内容まではわからないが、一位のToyotaと差がつく中、協業は有力な手段手間あるはず、ましてAppleとの会話で。
様々な自動車メーカーに製造委託する可能性はあるでしょうね。
現在の自動車OEMの今後の道の一つなのかもしれませんね。
日産自動車株式会社(にっさんじどうしゃ、英語: Nissan Motor Co., Ltd.)は、神奈川県横浜市に本社を置く日本の大手自動車メーカー。通称とブランド名は日産(Nissan)。北アメリカやヨーロッパなどの50か国では高級車ブランドのインフィニティ(Infiniti)、また新興国向けには低価格ブランドのダットサン(Datsun)を展開する。 ウィキペディア
時価総額
2.21 兆円

業績

アップル(英語: Apple Inc.)は、iPhone、iPad、Macintosh (Mac)、その他ウェアラブル製品や家庭向けデジタル製品、それら諸製品のソフトウェアなどを開発・販売している多国籍企業である。2007年1月9日に「アップルコンピュータ」(英語: Apple Computer)から改称した。 ウィキペディア
時価総額
241 兆円

業績