新着Pick
36Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
中国では年末まで7割の人がワクチンを接種できるようにしている。
予約は大きなハードルとなる。
さいわいアリババもテンセントも新型コロナの予防、防疫の面では大きな役割を果たし、今度はワクチン接種でも力を発揮しようとしている。
「中国ヘルスケアのオンライン化は凄い」という書き振りに偏らず、課題にまで触れていてバランス良い記事
("プラットフォームでは予約しかできず、接種は医療機関で行われる..."のくだり)

「大規模トラフィックを持つIT巨人の参入」と「既得権益/データを手放さない伝統プレイヤーの防衛」の構図は、自動車や金融など他の様々な領域で見られる

消費者接点を切り口に伝統分野に参入したIT巨人のアプローチは、基本的に以下か(私見)
①(短期)集客の撒き餌(フック)として既存事業で回収
②(中期)新領域を中心にオペレーションまで入り込む
③(長期)政策や業界パワーバランスの大きな変化を待つ

ヘルスケアであれば
①集めた消費者に薬/サプリ/医療機器/検診等を売る
②オンライン診療やオフラインクリニックに参入
 (最も保守的なオフライン病院の外堀から埋める)
③病院の診察データ等が開放されたら、様々なPHR事業が
 可能になる

自動車であれば
①車載OSを通じて、他サービス/コンテンツを売る
②EVに自ら参入する(水平型は現状なかなか成立せず
 垂直型で自らデータ/利用シーンを持たざるを得ない)
デジタルは中国の方が便利かも…
阿里巴巴集団(アリババしゅうだん、日本語: アリババ・グループ・ホールディング、英語: Alibaba Group Holding Limited)は、中華人民共和国の情報技術 (IT)などを行う会社であり、持ち株会社。本社は浙江省杭州市。 ウィキペディア

業績

業績