新着Pick
360Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
記事で言及されている「握る」という成果のすり合わせは、多くのビジネスパーソンに必要なスキル。社内の上司のみならず、顧客や外部の関係者と利害関係を調整し、「握る」事がプロジェクトを成功させる重要なポイントだと思います。
とても大事な仕事スキルだと思います。

でも、その前にもっと大事なのは
社会人としての最低限のマナーと
人間的な魅力ですね。
最近、この辺りが抜けている人が多いです。
外資系コンサルという特殊な職場におけるベスト・プラクティスであり、日系企業や、コンサル以外の業種で、参考にはなりますが、これが、そのまま適用できるわけではありません。当たり前のコメントで失礼しました。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
この手の書籍やら記事やらごまんとありますが、定期的に出てきますね。定番化した、ということでしょうか?

・伝えたいことを書き出す
・紙やホワイトボードに絵を描く

口頭でぼんやりごまかさず、たたき台をつくって認識を合わせることが必要と考えています。

ただ、忘れてはいけないのは、にぎる、のも、資料も、手段だってことです。

相手が意思決定する→相手が行動に移す→結果が出る

これがなければその仕事は無に帰します。

逆に、上記が担保できるなら、にぎり、も、資料も、いりません。

それくらいの考えもあってもいいといつも思います。