新着Pick
1542Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
かつてバブルの頃、みんなが株や絵画、不動産に投資していました。借金をして投資に回していた人が多かった。

米国の株式市場では、ロビンフッダーがレバレッジのきくオプション取引や信用取引を多用しています。取引が加熱していることが恐ろしい。

ビットコインは、テスラ、PayPalなど企業も購入し、価格が釣り上がっている。その安心感から熱狂的な個人マネーが流れ込んでいます。風船は加熱によって膨張し、瞬時に弾けます。
株高の勢いが止まりません。「いつか調整する」と言われ続けながら、ついに日経平均は3万円を突破、米ダウ平均株価も連日最高値を更新しています。そしてビットコインは5万ドルに到達。この状況をどう説明すべきなのか。そして「潮目の変化」はいつ起きるのかーー。東短リサーチの加藤出・チーフエコノミストに解説いただきました。
こうなってくるといよいよイスラエルで起きていることが米国で再現されるかどうか、それがFOMC声明文にどう取り込まれるのかが重要な視点になってくるでしょう。実質金利、遂に上がり始めました。昨年夏以来上がっていなかったものが、です。
いつかは調整がと皆んなが言っているときはまだマシで
本当に怖いのは皆んなが安心しきった時
そのときにナイアガラが来る

エコノミストが総楽観視した時がシグナル
コロナ禍で実体経済以上に株価や仮想通貨が上がっているのは富裕層がお金を投じていることが大きいと思っていたが(それもあるが)、それ以上に各国の施策などと連動して上がっている部分も大きいことを改めて学んだ。もちろんリーマンショックのようなケースにはならない(大きなレバレッジを利かせている状況とは異なる)だろうが、一気に落ち込むタイミングが来るんだろうな、とは頭で理解するもののそれがいつになりどういう流れで来るのかは複雑すぎてなんとも…という世界ですね。
この前のAOCの記事にもMMTありましたが、通貨発行できる国は極論ハイパーインフレ以外気にしなくて良い説から考えると日本の施策は結構良さそう。
日本の政府債務残高は群をぬいている。
どうするのだろう?これ。臭いものには取り敢えず蓋だろうか。。。

財政赤字が増えた場合の対処法には、①適度な緩やかなインフレで政府の借金の実質価値を長期的に小さくしていく、②経済を成長させて税収を増やす、③増税か歳出カットで財政を健全化する。

どれかじゃなくて、全部やるしかないのではないだろうか。。。
恐ろしい。。。
昨年途中からいつまで政府の財政支援が続くのかなと思っていました。シナリオはとても明快で私とかその次の世代の納税額増は間違いなく必至。加えて人口減というこれからも日本が考えないといけない問題もあります。日本からと諸外国からの人とモノの行き来、日本はますます沢山の外国の方が訪日してたくさんいい意味でのお金を落として行ってもらわないといけない業界は明白かなと思います。併せてデジタル化の時差、これも急務です。引き続き今夜もプログラミングと統計学の勉強したいと思います。
終わりのタイミングを見抜くことは至難と思いますが、
その文脈は想定できそうでしょうか。
エントロピーの法則のように壊しながら坂道道を歩んでいく。