新着Pick
256Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
アニメすごい!
日本のアニメはもっと海外に出てほしいですね。
人気 Picker
アニメが数多くランクイン。ネットフリックスがアニメクリエイターの育成を支援するのもまさにアニメが売れるから。
しかも日本初グローバルに売れる可能性があるので投資は必然。今後ますますアニメコンテンツへの投資は増すでしょう
世代、性別関係なく観れるものは、全体ランキングの場合やはり強いですね。
もちろん我が家でもどハマり、ドライブの際はOPやENDの曲が定番の「呪術廻戦」。息子の味方としては、気に入ったエピソードや、シーンを何回も何回も観るのが、他と違う特徴かなと思います。(「ハイキュー‼︎」もシーンの繰り返し癖あり)

「愛の不時着」はオール世代より大人がメインですし、尺も長いので(映画級)繰り返し視聴は余程のコアファンでないと、と思います。「鬼滅の刃」は現在アニメは途中ストップなので、新作が出てくるものと一概に比較するのもなかやか難しいなと。
呪術廻戦は自分的には鬼滅の刃より面白いです(鬼滅は映画はみてませんが)。でも「転スラ」、「ダンまち」、「SAO」、「シドニアの騎士」、「オーバーロード」に比べれば劣ります。あくまで私の好みでは、です。人によって面白いと感じるポイントは違いますが、アニメに詳しくない方々が話題になったものがたまたま見て面白いとブームになるような気がします。
なぜこれだけ面白いアニメが生まれるかというと、それは製作委員会のおかげです。何かというと製作委員会方式を悪者にする意見が見られますが、製作委員会がなければ日本でこれほど多くのアニメが制作されることはなかったでしょう。さまざまな傑作アニメが生まれるのは、数多くの作品が作られるからです。そもそもアニメは制作費が非常に高い!単位時間あたりの製作費では、実写ドラマよりはるかに高いです。テレビ局だろうとアニメ制作会社だろうと、1社でこれを賄うのはリスクが大きすぎます。どでかいリスクを分散させるために製作委員会方式が生まれました。こうした大きな流れを見ずに製作委員会を批判するのは近視眼的な素人目線といえるでしょう。アニメはビジネスなのですから。
上位3位をアニメが占める。いずれもマンガ原作からのテレビアニメ。配信が強力になっても、マンガとテレビとファンというアニメ構造が変わっていない日本の姿が見られる。ネットフリックスらがアニメ制作を強化したら構造は変わるかな?
ほぼアニメですね。アニメ大国ニッポン。
アニメが強いですね〜。

大人も子供も楽しめる「全世代型」だからでしょうか?
去年の10月にNetflixオリジナルアニメを多数発表していますが、この記事のランキングと比較して足りないジャンルもあると思う。ゆるキャン、ハイキュー!!、転スラとか。
Netflixの新作オリジナルアニメは、ランキング上位を独占出来るでしょうか。

『Netflix、新作アニメ大量発表。「スプリガン」映像公開 - AV Watch -』
https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1285403.html
呪術回戦やろと思ったら呪術回戦でした