新着Pick
276Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
アメリカでもワクチン接種の登録システムの構築、ワクチンの輸送、ワクチン接種される資格の確認、州と病院との連携等でこれまでにトラブルが起こっています。
政府がコロナ支援金の失敗をどう活かせるのか注視しています。
人気 Picker
以下にファイザー製ワクチンの要点をまとめておきます。

・ファイザー製のワクチンは約95%というとても高い有効性を示したmRNAワクチン。
・ただし、100%ではないので地域の感染が収まり今後アナウンスがあるまでは接種後もマスク装着が必要。
・重度の副反応として報告されるアナフィラキシーの確率は、ゼロではないものの約0.001%ととても稀。
・その他の副反応として、接種部位の痛み、頭痛、だるさ、発熱などがあるが、大多数は軽度から中等度で2-3日以内には収まる。
・不妊との関連性の報告はなく、不妊を起こすという情報には根拠がない。
・約3週間の間隔で2回接種することが推奨されている。
・ワクチンの有効性は10-14日程度で見られるようになり、約1ヶ月後には最大化。
・その後最低3-4ヶ月は効果が持続するところまでは確認されており、さらにその持続期間は延びていく見込みであるが、いつまで持続するかはまだ明らかではない。
・いずれも筋肉注射。筋肉注射は安全な注射方法の一つ。
・接種の対象者は 16歳以上。
・妊娠・授乳中の方は国内では今のところ慎重投与の方向だが、米国ではすでに1万人以上の妊婦さん(大半が医療従事者)が接種済み。

引用文献: https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa2034577
他の先進国に比べて日本のワクチン対応が遅い、との批判もありますが、他国と比べて桁一つ、いや二つ違う感染者数なので、これから巻き返せばいいと思います。

ワクチン接触体制はオペレーションがすべてなので、ぜひ厚労省はじめ関係者一同の頑張りに心から期待しています。
さーて、いつ打てるようになるのかなーー
やっと、ワクチンが日本に到着!
ここからのロジスティクスは、河野大臣に期待!
いよいよ日本でもワクチン接種が始まります。
何としてでもオリンピックを開催すると宣言している当事国としては
諸外国からかなり出遅れ感があるのは否めません。

ワクチン接種は勿論、強制では無いので私の施設でも全員に希望を確認しました。医師から事務職まで接種希望は当院では約67%。
この数字は近隣の施設でも近い所が多かったです。

接種を望まない方は、特に若い女性で挙児希望の人が多い印象です。

たいてい新薬などを採用する時は、病院で説明会等を開催する事が通例でしたが、メーカーのMRの方々にも殆ど詳細な情報が無く、いくつかの論文とマスコミが流す情報しか得られなかったのが不安を拭いきれない要因です。
来週、施設で職員向けに勉強会を行います。

これまで、何の武器もなく丸腰でコロナと闘ってきた現場では
待望のワクチンです。
私は進んで接種をするつもりです。
日本向けの新型コロナワクチンが先ほど成田空港に到着したそうです。いよいよですね!
気になるのはただ1点。一般の人達の大多数が2回のワクチン接種をするのが、新型コロナの拡大期の来冬に、供給面で間に合うのか?間に合わないなら、今から医療機関の逼迫、崩壊ににならないよう医療体制の強化をしないとまた今冬の二の舞にならないのか?そうしたら経済的にさらにズタズタになります。非常に不安です。
ワクチンが日本に到着しました。すぐに接種されることになると思いますが、国家検定などのプロセスについてはどうするのか気になります。
待ちに待った、という感じですが、オリンピックの開催期間後に集団免疫達成?……いや、変異との闘いが続くのでしょうか。
これから、ワクチン輸送に対する企業の動きに注目しています。

業績