新着Pick
198Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
人事の"寄り添う"という意味合いが変わってきていることを正しく理解したい。ジョブ型雇用への転換を思考する企業も多くなってきている現在、制度自体の見直し以前に、今までの人事の在り方を見直す必要がある。眼前の問題対処の連続で近視眼的になっている状態を、将来を予測・展望し、バックキャスティングする視点を持って"人事"という手段を用いて、これから起こり得る変化に応じていくための組織を、事業の成長と同じレベルで考えることが求められている。「守り」から「攻め」へ転じることが少し前から言われるが、「攻めの人事」が齎す価値を再定義することが経営から強く求められ、応えきれていないことを認識したい。「企業は人なり」を一番熱く語れる人達であって欲しい…。
人気 Picker
人材エージェントとして働く中で色々なベンチャー企業の人事の方とお会いしてきました。
人事としてうまく活躍できている方に共通しているのは、この記事にも書いてあったように「経営感覚をしっかりと持ち合わせている人」だと私も思います。

経営感覚が欠けていて社員に寄り添いすぎて経営者に建設的フィードバックがいえないと経営者の信頼を得られず、かといって社員からの信頼が得られてなくて社員目線で物事が見えていないと経営者を裸の王様にするだけ。

バランス感がすごく求められる仕事だなと見ていて思います。
過去も含めて、自分の「評価」を自分ですることは適切ではないので、現役人事責任者のワタシがエラそうにいうのはダサいのですが、自身として今日まで心がけてきたことについて言えば、それはこの記事の書いてあることと一致しているように思いました。

ヒトの成長をビジネスのキードライバーと考えて「経営」の一角を担う。同時に、常に社員の立場に立ち、その施策で意図する変化と影響は起きるのか・起きているのかを注視する。常にこの両面に気を払うことは、人事部長であってもジュニアスタッフであっても大切なことだと考えています。

「人事担当」のための「人事」であってはいけないでしょうし、究極に言えば「人事担当」は要らない、というのがワタシの持論。前述したような「現場と経営」「個人と組織」の間を行ったり来たりできるような感覚を忘れちゃいけないな、と今日も思っています。
人材紹介で人事の方と接し、人事も経験して、人事から離れた者です。

人事も業務内容は多彩で、人と接する接し方が異なります。
人材紹介で、人対人で接することは比較的好きだし得意だと、思ってました。確かに人事でもその部分はやりがいも成果も上げてた気がします。ただ、数字で接する部分の評価や給与、規則で接する部分にも関わる評価やもろもろの規定策定などはあんまりでした。まだ小さい会社だったので、当然経営層と接することも多かったのですが、それは人材紹介の頃にも、できる限りお会いすることできればお会いしてたので、そこはあまり変わらなかったかも。

結局、人の変化・成長の場に関わる教育に転進しましたが、そこでも評価(成績ね)というものはあります。とはいえ、どう人をモチベートさせるか、どう効果上げるか、そしてどう講師を育てていくかなどは前向きに取り組めてます。
人事を経験したことは、自分の向き不向きを得るいい機会だったと思いますし、自分なりの方向性を持てた気がします。
大幅な人事部門の人材削減と同時に各事業所の人事を削減して、本社集約型に変えていき、頭でっかちな人事、現場を知らない人事が多くなったように感じます。

人と人との寄り添い方がわからない人事パーソンが本社の中にいるという状況では、組織はうまく機能しません。

人事担当は、人と人とを繋げるとか、多様な見識で人や現場、経営等の色々な問題、課題といったものを理解した上で対応するような人間力が必要不可欠だと思います。
数年前まではむしろブルーオーシャンのように感じていましたが、なんか最近人事の人気がどんどん増している気がする。

ひとつだけ言えるのは、「ヒトが好きだから人事になりたい!」って人は向いてないと思う。
人事のお仕事。企業の人事部に加えて、キャリアコンサルタントやキャリアアドバイザーなど最近は活躍の場も少なくないように思います。
記事にもありますが、営業など現場での経験がある方だと従業員側からすると自分たちのことを理解してくれるのではないかという安心感もありますね。