新着Pick
188Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
中国共産党にとって、情報統制をするのは当然のことでしょう。自らにとって都合の悪い情報が国内に流れることは許容されません。中国では、共産党に認められた情報しか発信することはできないのです。
中国ではネット上に流れる情報も統制され、主たる情報源は新聞等の伝統的メディアで、これら伝統的メディアは中国共産党の管理下にあります。
こうした状況は、日本や欧米諸国といった民主主義先進国の、メディアや情報に関する意識とは大きくかけ離れたものです。中国メディアは、そもそも民主主義諸国のメディアとは存在意義が異なるのです。
民主主義国家にとっては、中国メディアが進出して中国共産党の意に沿った報道をすることはプロパガンダや世論工作として警戒されるのは当然です。一方で、中国にとって、中国メディアを用いて自らの政治思想や正当性を他国の世論に働きかけることも当然なのです。
BBCのように、中国国内の人権侵害等についても調査・分析・取材等の根拠を明らかにして客観的に報道できるメディアの存在は、中国を理解する上で不可欠なものです。報復の意味があるとは言え、中国がこうした外国メディアを締め出そうとすれば、外国からは、中国は国内にやましいことがあるから海外メディアを排除しようとするのだと認識されるでしょう。また、中国国内情勢が不透明になれば、かえって中国の印象を悪化させることになります。
人気 Picker
英国が中国の国営放送の免許を取り消した。だから中国は同じ事を行った。
一見つじつまが合ってるようにみえる。

がしかし、英国が取り消した理由は免許登録者が別の企業で編集責任を持っておらず法的要件を満たさない事、更には適法化すべく免許を適正に移管するよう促したにも拘わらず拒否したから。
その国のルールに従わなかったため罰則を受けたことに対して、重箱の隅をほじって理屈をつけ対抗措置を行う、いつもの手口ではあるものの、メンツ命のかの国にてBBCに実際に些細な法令違反が仮にあったとしたなら、さもありなんという気がしなくもない。
イギリスが中国のCGTNの放送免許を取り上げたことに対する報復。中国は何はともあれメンツが大事な国なので、やられたらやり返すのが基本の行動パターン。対立が起こればエスカレートする可能性が高くなる。
中国CGTNには編集責任がないため、国内法に基づいて英国がライセンスを取り消し、英国BBCは中国の国益に反した報道を行うということで中国が取り消した。一見相互主義のようだが、そう見えるだけで実態は中国側の言いがかりに近い。
中国CGTNが共産党の管理下だとして英国が免許を取り消した。中国は国王の特許状に基づいて運営されるBBCを停止するという。そりゃそうなるわなぁと思いました。
毎度のことなので驚きませんが、こういうことをしても意味があるのでしょうか?

コロナ禍前は、中国人は世界中に観光旅行に出かけていたので、当然、海外の報道に触れる機会がたくさんあったはずです。
コロナが収束すれば、海外でどんどん報道に接することができます。

自由な報道をシャットアウトするというより、中国共産党政府の威光を示したいという目的があるのかもしれません。
春節となると、VPNはまったく機能しなくなり、しばらく海外のメディアは見れなかった。
早朝なら短時間は使えるようだ。
小原さんはイデオロギーの側面で中国のBBC方法禁止については発言された。日本のエリートはほぼ同じことを考えているだろう。
中国ではイギリスが中国中央テレビ局のイギリス支局の運行を禁止したことについてはまったく触れない。
イギリスの禁止が先にあり、中国もBBCを禁止するという側面もまったくふれないのは、ほんとうに情報がなかったのか、それともイデオロギーによって事実をしっていながら言わないのだろうか。
イギリスの中国テレビ局禁止をどう説明したらいいだろうか。
中国はイギリスの人権問題などを常に報道したので禁止されたと簡単に思っていいだろうか。
うーん、これはダメでしょ。なんでの???マークには何も答えずに「深刻」と「違反」と決めつけカットオフ。民間企業のブランドマネジメントという観点からはもちろんタブーなんですが、それよりも守りたいことがあるのですか?とかえって疑心暗鬼にさせますね。
報道の自由というとても大切な権利が当然のものではないのだということを改めて想起させるという意味では価値がある出来事ですね。
中国に関しては、数年後、あの時コロナの影響で人の移動がままならないどさくさに紛れて、反民主主義が加速していくのを見過ごすしてしまった…となるのが恐いです。

昨年までは、世界中を旅していた中国人が沢山いたから中国政府も手をこまねいていただけだったということになるのでしょうか。

世界中で唯一コロナ禍を追い風にしている国は、やはり不気味です。
中国としてはメンツを保つためだけでなく、外交上やったらやり返すと言うのを見せる必要があったのでしょう。
先日、英国が中国の国営放送の免許を取り消したので、必ずあると思っていました。
外交は行って来いなので、今回のBBCの放送停止は既定路線です。
イギリスも覚悟していたと思います。