新着Pick
378Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
そもそも国の借金じゃなくて、政府の債務なんですけどね。
半分近くを政府の子会社である日銀から借りていて、残りの大半を民間部門から借りているのに、人口で割って一人あたり966万円の借金というロジックの理解に苦しみます。
借金が増えていることに麻痺してしまっている。もはやこの数字になんの意味があるのか、個人の生活にどう影響するのが、誰もブリッジして理解できていない。借金の額そのものよりも、この麻痺していることの方が土台問題。

何が問題か正しく認識できれば、間違いなくアクションにつながる。麻痺してしまっていては、むしろどんどん症状は悪化するばかり。病気と同じ。

支出を抑えること、配分を未来に向けて適切に考えること。収益の源泉である稼げる世代は少子化でへる。考える必要があるのは、高齢者がいかに長期、つまり高齢になっても付加価値を生み続けるられるか、テクノロジーで生産性をあげられるか。

あとは高齢化に対しては、いかに医療費の無駄を削減するか。ここをバランサーにして、いかに明るい未来を生み出すか考えなければいけない。
ちなみにアメリカは2020年、GPD比20パー弱の赤字を出しましたから規模感は同じくらいですね。

何が言いたい記事かは分かりませんが、国難を賭けて戦ってる最中に弾薬の残りばかりを気にするのはあまり合理的では無いと思います。
国は借金どころか外国に貸している、増えたのは政府の借金だ、という非難が先ずは出て来そうですね (^^;
それはともかく、国(政府)の借金を民間の貯蓄が補って我が日本国全体が黒字である限り、政府の借金が膨らんでも簡単に問題は表面化しないというのは事実です。しかし、政府の借金と日銀が保有する国債が膨らめば膨らむほど、日本全体が赤字になった時の対処が困難になることもまた事実です。
人口当たりの陽性者も死者も欧米の数十分の一に過ぎない我が国が、欧州以上で米国に負けないGDP対比の対策を繰り出さざるを得ないことの是非は脇に置き、財政への圧力は今後も続いて行くに違いない。民間が貯蓄を崩して元気にお金を使い過ぎ、我が国全体が赤字(≒経常収支が赤字)に陥ることがないように、念じるしかなさそうに思う昨今です。 (・・;
規模が問題なのではなく、増え方が問題だと思います。このまま毎年100兆円ずつ増えていったら、どこかで日本の財政に対する認識ががらりと変わるかもしれません。
日本における国の借金は全く問題なく、必要なら刷れば良い。
ただ、悪いのは借りてたり余裕があるのに溜め込んでる輩。
消費でも浪費でも投資でも何でも良いから使え。
使えば使うほどに税金が落ちて貧困層は救われるし、経済も回ることで、展望が明るくなり、国民の消費意欲も上がる。

貨幣に期限が付いていれば良いのに。
じゃあ貯蓄して大型の買い物ができなじゃないかって?
そこを借金すれば良いんだよ。
ってのはゼロイチなら可能かもしれないが、今の資本市場を根本から変えないといけないので現実的には無理だよね。

だから、とりあえず、お金を使おう。
お金を刷れる日銀が金を貸してくれるなら理論上無限に借金ができる。そんなことをしたら市中のお金が増えすぎて貨幣価値が下がり、過剰なインフレになると言われていたけど今の所なっていない。なんでならないのか?そういえば市中のお金が増えた割に国民が潤ってる気配が無い。生産性が上がってないので得られる対価(給与)も増えないし、賃金も上がらないので将来不安から消費より貯蓄に回す心理が働いていて結局お金が回らないから?だとすれば普段ネガティブに捉えられているそれらがインフレにならない理由なのかもしれない。お金が回る(消費が増える)と物のニーズが増えて物価が上がり、それが急すぎると貨幣への信用が弱まり売られ、インフレが加速する、ってことになるのかなぁ。
コメントを見ていても、
国の借金ではなく、政府の債務
国民一人当たりで換算するのはおかしい
など、MMTを土台に置いたものが目立ちます。

メディアは大衆受けする書き方をするので、筆者もわかっていてわざとこういう書き方をしているのでしょうが、そのうち無くなっていくでしょうね。
自分は2000年に新卒で社会に出た、いわゆるロストジェネレーション世代、2000年当時は結構多くのメディアで「このままだと孫の世代に借金を押し付ける」という論調が続いていて、社会人になってそうそう、将来に不安を覚え植えつけられました。

今では、このままだと破綻する、という論調は変わりましたが、依然として国のプライマリーバランスの悪さは釈然としない。

当時から、メディアには道路作りや箱ものの公共事業は無駄遣いだと教育されてきましたが、

結局は、それらすべての支出が無駄な訳はなく、政府が借金を増やしながらも、どこのセクターに投資して産業を育成し、収益(税収)を増やすか、という戦略が上手くいってないのだ、という理解になりました。
国の借金がよく「国民一人当たり」と表現されますが、割と本質的ですよね。
①国民の資産の大半は銀行預金
②銀行預金の大半は国債購入
と仮定するならば、国が借金返せなかったら最終的に国民の預金が目減りするわけですから(金が返ってこなくて一番困るのは貸してた人)