新着Pick
480Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
自省、振返りの時間を、欠かさず確保することは、大事ですよね。個人的には、失敗した時よりも、上手く行った時こそ、振返りの時間を設けるべきだと思う。自身だけの力量で必ずしも成功した訳ではないことの方が多いから…。次に同じことを取り組んだ際に、同じ成果を生み出せるかを自問自答したい。再現性をイメージして、自身で"デキる"という状態に辿り着くまで、精進する。次に備える。やりっ放し"にしない姿勢を常に持つことがとても大切だと改めて思う。
人気 Picker
誰かに評価されたい、認められたいという承認欲求から仕事をするのではなく、あくまで自分主体で、自分が好きだと思えることのために没頭できるということ、
石田さん自身が自分自身を受け入れられているからこそ、人の目が気にならないのかなと思いました。
サイバーエージェントのファンが増えそうな素敵なインタビュー記事ですね!
これにはもう共感しかないです。1日の終わりに日記を書いて寝たら、朝にはもうすべて忘れる体質、かつフィードバックは客観的に捉えることができるので、悩むことがない。スキマ時間の利用法も同じで常に動いてないと気持ち悪い。

でもだからこそ、TO DOリストを全て消し終わった後の完全オフタイムにNetflix観たりするのは最高のひとときです。。!(リラックスタイムもNetflixのエピソード消化に励んでるという言い方もできますが…笑)
楽しく読めました。自然体である人が、変な嫉妬に巻き込まれずに、きちんと評価される。それも素晴らしいカルチャーだな、と思いました。
凡庸力かぁ… 非常に謙虚で真面目で自然体。そういった印象を強く持ちました。それは凡庸かというとそうではなくある意味最も難しい。1日1日の蓄積で大きな差がつくのだろうと感じます。
自然体な姿、でも自然体なのは楽して止まっていることではなくて真摯に前向きに取り組んでいるということが実は最も大切なことですね。
人はポジションや経験や年数など、さまざまな要因により、新たな事を吸収することに対する妨害や抵抗がうまれてしまいがちです。そして、マジョリティが思い描く一般的なステレオタイプとは違ったギャップがうまれると、そこに合わせようとしてしまいがちです。
まさに自然体のままに様々な視点からの物事の知見を取り込まれているのだと思います。意識的にも無意識的にもあると思いますが、自然体の強さってそういうところに出てくるのだなと思いました。
サイバーエージェントの石田さん、飲み友達だけどこんなヤヴァいひととは知らなかったwww
いいですね。

もしこれを真似できない人が多いんだとしたら、頑張る方が心地いいって思えるくらい、ベクトルのあった会社で働けている人が少ないってことなんだろうなと思いました。
バリバリ仕事していて昇進意欲がある人は挫折に弱いというのは響きました。優秀さでは追随を許さないものの心構え一つで崩れていった仲間を確かに多く知っています。スキマ時間の利用法などは真似できる気は一切しませんが、仕事に取り組む姿勢は大変勉強になりました。いい意味で受け流すか真摯に取り組むかの2択にして後腐れない状態を作るのはメンタルを維持する上で大事ですね。実践して試してみたいと思います。
素敵な内容。チームメンバーとも読んでみたい。
働きがいのある職場と働きやすい職場は異なるので、価値観に共感できる仲間とイキイキと働けると良いと思います。

以下、抜粋
「居心地がいい」っていうのは楽をするって意味じゃなくて、「頑張ることは居心地がいい」と思ってる
株式会社サイバーエージェント(英称:CyberAgent, Inc.)は、Ameba(アメーバブログ)関連事業とインターネット広告事業を主とする企業である。本社は東京都渋谷区に所在。 ウィキペディア
時価総額
9,887 億円

業績