新着Pick
253Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
アプレンティスシップは高校卒業した人が、企業で18ヶ月ほどフルタイムで働きながら学び、200万円+のお給料をもらうというものとのこと。ホームページを見たら、Facebookで18ヶ月のアプレンティスシップやモルガンスタンレー、イギリスの国民保険サービス機関でのものなどが掲載されてました。

うまくアプレンティスシップが機能するためには、若者の教育にコミットする人を社内で用意できるか、というのと、18ヶ月後に身についたスキルを第三者が客観的に評価できるかどうかだと思いました。

地頭がいい若者を受け入れるとはいえ、しっかりと社員が付き添って手取り足取り教えていくのは時間的にもかなりのコストです。社内でそういう教育を担当できるメンバー余剰がそもそも持てるのか。
同時に、この18ヶ月のプログラムを修了したところで、本当にそこでの学びが実用スキルとなっているのかどうかは、自己申告ベースだと、提供する側もアプレンティスシップに参加する学生も、自らの体験価値を否定することはしたくないので、甘口のコメントになってしまうかと。

教育価値をしっかりと保証・評価できないと、ただパートタイムで支払われるはずの最低賃金を下回る形で、若者が搾取されるだけのプログラムになってしまうリスクがあるので、ぜひ良い仕組みに成長していかれることを願っております。
日本では労働法も厳しいですし、学生のギャップイヤーもないので、同じよなのを作るなら一捻り、ふた捻り、3捻りくらい必要そうだと感じました。
アプレンティスシップも、選択肢の一つだと思います。地方在住でインターンシップに参加するのが難しい環境の場合には良いのではないでしょうか。
 
自身の置かれている環境の中で、どういった選択肢があるのか?を把握する能力と、自分の価値観によって決断する能力は早期から育てても良いと思っています。
 
振り返ると、中学受験はその点において良い経験になりました。
大学でも、遠隔講義でオンデマンド講義の視聴ということが広まっており、コマ(月曜1限とかそういうの)とか教室という概念が薄れつつある。時間と場所を共有しなくちゃいけないものが少なくなっているのは確か。学ぶということは、自発的なもので、その時間その場所にいなくちゃいけないものでもない(だから自分は、その時間その場所にいて得られる価値がある講義を作ろうとしているんだけど)。そうなるとこの記事のような、取組が必要となってくるんだと思う。また、働きながらなので生きる糧も得られるわけで。こうなるとお金を払って学位を得ることの価値というものが問われる。
日本では根ざさないでしょう。企業側に人材を育成し評価する仕組みが乏しくなっているからこそ専門職大学が創設されています。iUは半年インターンを必修としており、250社の連携企業と育成・評価法を相談中です。大学+企業の連携での育成が現実的と考えます。
アプレンティスシップか、なるほど。

この言葉は初めて知りましたが、私自身が過去携わってきたサンガカレッジや各プロスポーツ組織との産学連携はこの考え方に非常に重なります。

受入先にとってもお客さんでは無く戦力や明確な投資、選考過程として位置づけられるし、学生達も本気の実務を通じて知識、スキル、人脈、業界動向が得られますよね。

いわゆるやりがい搾取やブラックインターンにならないような外部の(大学や教員が現実的ですが)チェック機能と合わせて進めると、より相互にとって高い効果が得られるでしょうね。
弟子入り

(メリケンの)大学院博士課程はコレですねぇ、ここ10年位で少し変わって来ましたが、量産プレッシャーのせいで
大学には通わず、インターンではなく職業実習生として企業でスキル習得を行うのですね。とても実践的で、ほぼ就職しているのと変わりがないように思いますが、やりたいことが明確な人にとってはきちんと給与がもらえて、スキル習得に集中できるという点でも悪くないように思います。
日本でアプレンティスシップに申し込むのはおそらく優秀層。ビジネスチャンスないかな?