新着Pick
209Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これはこれで一つのテクノロジーとしていいですが、「バーチャルヒューマンが人間と見分けがつかない」というよりは、大量の写真データを使っていることを考えると「合成写真が人間と見分けがつかない」というものと思った方がよいと思います。
完成度高い!
Vtuberのようなものではなく、本当に人らしく、身近に感じやすそう。

スキャンダルなどもないし、卒業もないから、マネジメントはしやすい。
どんな風にZOZOが発信していくのか注目です。
「ディープフェイク技術の第一人者というHao Li氏」
と紹介がされていますが、顔および髪型のレンダリングで世界第一線で活躍する研究者です。学生時代からSIGGRAPH、CVPRなど名だたる学会で有名な仕事を数多く行っており、南カルフォルニア大学の助教をしていましたが、去年やめてスタートアップに専念すると宣言していました。
これはめちゃめちゃリアルですね。
バーチャルヒューマンであれば接触を気にしなくても良いのでコロナ禍でも活躍しそう。またマネジメントや撮影コストなどもかからず運用コストも低くて意外と良いのかもしれない。
「ディープフェイク技術の第一人者」

っていう肩書きの強さにグッと来てます。
確かにリアルと区別がつかない。。

そろそろ不気味の谷を越えますかね。

あとは、、、性格、、、ですね。。
ディグラム診断は肩を回してお待ちしております!
完全なバーチャルではなく合成なんですね…少し興ざめしました。

顔が実在の人物で、その他がCG。それであれば従来技術で可能です。

(以下、記事中から引用)
今回開発されたバーチャルヒューマン(バーチャルモデル)は、ディープフェイク技術の第一人者というHao Li氏が率いるPinscreenと共同で開発されたもの。実在する人物の顔画像がCGで制作された頭部に合成されており、実在する人間と見分けがつかないクオリティを実現したという。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
株式会社スタートトゥデイは、アパレルのオンラインショッピングサイト、ZOZOTOWN(ゾゾタウン)を運営する日本の企業である。 ウィキペディア
時価総額
1.07 兆円

業績