新着Pick
391Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
中国ならではのユニークなスタートアップ企業をとりあげる連載「スタートアップ・チャイナ」。第6回は社会現象を巻き起こしたフィギュア企業ポップマートについて。

若者たちの消費意欲をかきたてる「ブラインドボックス」商法があこぎすぎるとの批判もありますが、その影にはZ世代を深く理解し、巧みな運営でIPを育てる経営能力があります。

「コンテンツは日本が強い」というイメージがありますが、そのコンテンツを中国市場でいかに認知させ、マネタイズするか、この点について日本企業はローカル企業に遅れを取っているのではないか。語り手のホウジェさんの警鐘です。
中国Z世代の熱狂するものは「フィギュア、スニーカー、eスポーツ、撮影、コスプレ」だそうです。それにしてもフィギュアでこれだけの時価総額がつくとは。14億人という市場が押し上げているようです。
おもちゃというとトイザらスの破綻が記憶に新しいが、違うビジネスモデルではあるが時価総額1兆円以上で急成長…
この連載について
明日の中国のビジネスを作り上げるスタートアップの生情報を、現地で活躍する投資家たちにレポートしてもらう週刊連載。ジャーナリストの高口康太が、責任編集を務めます。