新着Pick

政府の資源調達の柱、水素やレアメタルに…「石油・天然ガス」から転換 : 経済 : ニュース

読売新聞
政府は、資源調達に関する国際的な戦略の重点分野を石油や天然ガスなど化石燃料から、水素や希少金属(レアメタル)などの確保に転換する方針を固めた。年内改定の政府のエネルギー基本計画に盛り込む。2050年の温室効果ガスの排出
10Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
レアメタル、日本近海の海底に多く眠っていると言われますよね。実際、昨年夏に小笠原諸島の南鳥島南方の、日本の排他的経済水域内において、世界で初めて海洋鉱物資源の掘削試験を実施し成功したとのニュースもありました。

その一帯には、電池材料として不可欠なコバルトが、日本の年間消費量の約88年分、ニッケルが約12年分存在することが見込まれ、貴重な国産資源となることが期待されているそうです。国土は狭くとも海洋は広い日本。海洋の資源開発に可能性がありそうです。

https://www.kankyo-business.jp/news/025868.php
一気に「石油・天然ガス」から転換するというわけではなさそう。注力していくことには間違いはなさそうですが、一気に変更した場合、消費者へのコスト負担が大きくなりすぎるので、徐々にということなのだと思います。
ーー
今回の改定では、国際的な資源戦略の柱として化石燃料の確保に加え、▽水素・アンモニアの供給網構築▽レアメタルの安定調達▽化石燃料の使用に伴う二酸化炭素(CO2)の排出制限などルール作り――の三つを掲げる。