新着Pick
398Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
トークンは偽造できないデジタル会員権のようなもの。おもしろい発想です。ファンの固定化にも繋がるでしょう。親から子供にトークンを引き継ぐことも可能ですね。
海外ではユベントスやバルセロナなど、チームがトークンを発行してファンと繋がる新しい応援の形が広がってきています。湘南ベルマーレトークンについて分かりやすく記事にして貰いました。ブロックチェーンの効果的な活用法が見えてきまさした〜!フィナンシェはトークンエコノミーの普及に力を入れていきます〜!
コロナ禍における観客制限は、日本のスポーツビジネスにとって深刻です。
元々営業利益率も高くなかったことから、スタジアム収益が減る=赤字になるという図式でした。今後は、利益率の高い商品を販売していかなくてはなりません。その意味で、デジタル×金融施策はかなり有効だと思います。
『見に行きたいけど、行けない』ファンの気持ちを商品化し、チームから承認されるというのは、新しい満足を得られると思います。
加えて、金融商品としての価値が変動するのであれば、選手年棒に連動させるなど新しいやり方も生まれそうですね。
コロナ禍の観客入場制限で苦しむスポーツチームにとって、新たな打ち手になり得るのがトークン。記事作成時、「現在何人に買われているか」という数字が常に変わり、何度も書き直しました(笑)。プロ野球球団も興味を示しているようで、今後の広がりに注目です。
単なるポイント制ではなく、株式のように譲渡や権利行使ができる仕組みにポテンシャルを感じますが、法規制等を理解しつつどうインセンティブを設計するか、クラブ側のマネジメント力が試されるのではないかと思います。
確かにクラファンとプロスポーツの相性は抜群。
日本ではクラファン=募金というイメージが強いけど、クラファンは意味共犯者作りの側面もある。少額だけどクラブ運営にお金を出せば、「俺のチーム」感より強くなる。素晴らしいと思う。
いまいち、クラウドファンディングとトークンの違いが判らない。

違い/同じ点は
・トークン化することで他社への譲渡・売買が可能に(前払式支払い手段に該当するということは通貨化ということのはず)
・トークンを購入することで特典を得られるのは、一緒

こんな理解で正しいのかな?
個人的には、どこまで行っても特典だよりな仕組みだなっという感覚。
ここに新たな付加価値を付けられないと今後の主流になっていくにはきつそう。
個人的にトークン経済の可能性に惹かれている1人です。

やや日本でいう「ボランティア」色がある様々な地域活動をきちんと経済的に循環する仕組みを小規模商圏でも創っていけると、経済はもっと活性化すると信じています。

町内会、PTA、商工会、地元スポーツクラブなど色々に広がって欲しい。
トークン、面白い取り組み。
ただ、言葉でイメージわかないな。
会員権とかすると生臭くなりすぎるかな。
お、ブロックチェーンの基本理念のような取り組みですね。
地方マネーとしては、一切定着しなかったものの、地域に根ざしたスポーツサポーターとは相性が良いかも。
鹿島と平塚はこういう取り組みが早いなぁ