新着Pick
89Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
何度も言っていますが、これはシステムエラーです。
ちょっと地方に行けば、重症コロナ対策病床の殆どが空床のところがいっぱいありますから。

厚労省の都道府県別コロナ病床状況によると、山梨県は確保病床285床のうち実際に入院しているのは21人、24床確保の重傷者病床にも3人しか入っていません。北陸・東北に行けばもっと空いています。

看護師も余裕があるはずですよね。え?看護師いない?まさか助成金もらっといて看護師配置してないとか…(以下略)

「厚労省発表:今週の都道府県別コロナ病床状況」
 ↓↓
https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000735168.pdf


病院同士は「自由市場での競争原理」が基本なので、人材確保からすべて単独で行動、他院と人事交流した経験などないのです。

医療を市場に開放したツケが今現場の医療従事者にきているのでしょう。

現場を見る虫の目も大切ですが、同時に鳥の目で俯瞰して、その現場の問題の本質がどこにあるのかを考えることも大事。
人気 Picker
必読記事。全てを犠牲にして頑張る医療関係者の前で、我々は何をすべきか。

「…患者さんに話を聞くと、カラオケか宴会でかかったという人がものすごく多かった…モチベーションも下がってしまいますよね」

「やっぱり、危機感がなくなっていると思う。緊急事態宣言は出てるかもしれないけど、街中は切羽詰まってない。みんなに通じてない。夜飲んだらダメなら昼飲んだらいいというわけじゃない。ウイルスは寝ませんから。医療関係者への拍手や青色のライトなんかではなく、とにかく、できるかぎり家にいてほしい」

https://www.buzzfeed.com/jp/kotahatachi/buzzopi-nurse-2