新着Pick
409Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
言語情報と精神疾患の関係性について、この記事ではアルツハイマーと統合失調症が取り上げられているけれど、うつ病や双極性障害、パーソナリティ障害、含めもっと多くのことが推定できる可能性を秘めているし、実現するべき。今回の研究は、「発症の何年も前に」予測可能であることが意義深い。

わたしたちが運営しているオンラインカウンセリングサービスのcotreeでも、「書く」カウンセリングの情報を分析すると、メンタルの状態が不調の人とそうでない人の言葉遣いの特徴が浮かび上がってくる。個人差もあるので確定的なことは予測しづらいが、継時変化に軸をおけばさらに推定確度は上がるはず。

これに、音声のデータも加えることでさらにリッチな情報源になる。
アルツハイマーは言葉の繰り返しが多くなり、センテンスが短くなります。その兆候を調べ、未来を予測することに成功したとのこと。75%の確度なので、まずまずの成果なのかと。

神経疾患でもやはり言葉づかいに特有の変化がある。「患者の話し方のペースに変化が生じ、不規則に言葉が中断される。単語の使い方も変わり、抽象的な単語を使わなくなる。」そうです。

脳機能の低下と言葉には相関関係がありそうです。それを予知できれば、進行を遅らせたり、改善したりできそうですね。
絵の内容を説明させた文章のパターンをAIで解析し、75%の精度でアルツハイマー病の発症が予測できたとのことです。AIの進化には目を瞠るものがありますが、文章を書くだけでアルツハイマー病の予防ができるのであれば、画期的な技術になりますね。

実は、アルツハイマー病などの脳疾患は腸内細菌叢の乱れとも関係する可能性が示唆されています。脳と腸は迷走神経でつながっていますので、腸内環境が乱れていると、その影響が脳にも出てしまいます。腸内環境を整えるには食事内容が重要なので、文章を書いてアルツハイマー病のリスクをチェックしつつ、食事内容にも気を配ることで病気を予防するといった、些細ではあるかもしれませんが、画期的なリスクマネジメントができる時代がすぐそこまで来ているのかもしれません。
作文の分析だけでなく、色んな方法で認知機能低下を予測することは可能となってきています。問題はそれを回避するためのソリューションと、どのようにそれを続けるか(続けてもらうか)ですね。
発症まで20年かかるというアルツハイマーで3年前の発見が早期かというのも微妙な気も。

表情違いだけで92%の精度が出た方法もあるよね。
こちらは、早期発見ではないけど
https://ledge.ai/aging-tokyo/
医療として精神疾患を予測できることはAIの大きな成果です。

しかし、ツイートや記事コメントに対し、勝手に精神疾患を予測されたら、人権侵害になりかねません。そもそも勝手に評価すること自体に問題ですが、予測が外れていたらさらに問題です。

本人自ら予兆に気づいて、予防医療につなげることが大事です。でも、病気の予兆に気付きたくない心理もあります。それでも健康診断を通じてメタボ予防はかなり浸透してきました。次は心の健康診断がきそうです。
興味深い研究ですね。ただ、作文までやってもらわなくても、もう少し基礎的な生理反応だけでも検知はできるように思います。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
面白い!こんな研究があったんですね。
この連載について
世界のクオリティメディアの記事をNewsPicks編集部が厳選し配信します。
IBM(アイビーエム、正式名: International Business Machines Corporation)は、アメリカ合衆国のコンピュータ関連企業である。本社はニューヨーク州アーモンク、世界170か国以上で事業を展開する典型的な多国籍企業でありテクノロジー企業。愛称はビッグブルー。 ウィキペディア
時価総額
12.6 兆円

業績