新着Pick
913Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
レイトステージで大量にベットしてIPOで利益回収。資金力にものを言わせた錬金術に見えてしまうな。
革新的な製品を出し続けているわけでは無いし、あまり印象よくないな。
人気 Picker
2021年にはいってからもソフトバンクグループが投資した会社(SoFi)がSPAC公開する予定があり、SBG自身もSPAC上場を2件予定している。

このSPACという空箱が金の卵をリズミカルに産みつづけるとみているのかもしれません。製造業とは、金の卵を生産していることを指している?
「SBGは投資会社だが、製造業である。何を製造する会社か? 金の卵を製造する会社だ」
冒頭に少なからぬ時間とスライドをかけて熱弁していたが、ちょっと無理がある不要な説明だったと思った。マイノリティ投資家として経営への影響力が限定的ななかで製造業とはムリがある。

毎回コメントしているが利益のほとんどが含みで未実現。つまり今後市況が下がれば大きな赤が出る。孫さん自身が毎回言うとおり期間損益で見るべき会社ではない。

保有株うちIPO済みは取得原価1.1兆円にたいして現在3兆円の評価。ここが今回の最大の利益要因、つまり今回の利益は現下のIPOバブルによる事は明白。
つまりはいまや同社はナスダックスインデックスのような銘柄となっている。

「AI特化するからシナジーが出る、インデックスファンドのようなパッシブなのとは違う」
これはもちろんある程度は、ポートフォリオのネットワーク効果で極めて緩やかな連携が個社同士バイの関係で個別に少々ありえる、という程度で是でしょう。逆にその程度。

「ターボチャージ戦略=大きなビジョン、大きな資金、シナジー」 だそうだがこの最後のメッセージが非常に重要。
つまり孫さんはWework等ですったもんだあった後でもやはり、巨額資金のパワープレーで行く、という決意表明。
we-work、OYO、UBERなどシェアエコ系メガベンチャーへの投資で一気に問題が表面化し、ビジョンファンドの金集めに苦戦、決算も大赤字で元気がない様子でGAFA投資に移行すると発表し、ついに孫さんの膨張も行き詰まったか、と見られていた中での大復活。世界的な金余りからの株高は大いに追い風になっているのでしょうが、ホームラン級の投資案件をきっちり仕込んでいるのはさすが。「製造業」と強弁しても、世の中の区分としては投資業。決算の振れ幅は大きいので今季の数字だけでは判断できないですが、鼻息荒いいつもの孫さんが戻ってきた感はありますね
あくまで紙の上の利益なので当然と言えば当然かと。ビジョンファンドでも、出資するたびに前回のバリュエーションとの差額を利益計上していたのは有名な話。ただ、あれだけの赤字を出しながら「大丈夫」と言い切り、ここまで持ってくるのはやはりすごいとしか言いようがありません。
純然たる投資会社に近いSBGなので会計上の損益と同じくらい意味ないとは思いますが、キャッシュ・フロー計算書を見ると2020年4~12月の営業CFはマイナス729億円、投資CFはマイナス8,059億円(上場株式を2.7兆円買っていたりSBKKがLINEをTOBしたり)、財務CFはプラス2兆556億円(有利子負債の調達やSBKKの売却、アリババのデリバ)でキャッシュは1兆円くらい増えています。
リモートワーク、オフィス解約ラッシュの中で、WeWorkが大復活を遂げているらしいという話↓もあり。

SPACという救世主も現れた。コロナはビジョンファンドにとって神風だった。

なんだかんだ、ビジョンファンドのリターンはとてつもないにレベルに着地するかもですね。

https://jp.techcrunch.com/2021/02/09/2021-02-08-wework-is-apparently-doing-better-not-that-softbank-wants-you-to-talk-about-that/
ソフトバンクG、2020年4~12月期の9カ月間。純利益:前年同期比6.4倍の3兆551億円。日本企業としてはトヨタ自動車の2兆4939億円を超えて過去最高がみえた。大きかったのはドアダッシュの7500億円とUberの5300億円。
キャッシュインが伴うりえきでないので、モヤモヤするところはあるものの、財務健全性を守るところから、攻めに移り始めたのは一連の流れからも金融市場では評価されているようですね
【40年近く会社経営して、まだこの程度であることが非常に恥ずかしいというのが、正直な気持ち。】

【真面目に話しますと、火、農業、クルマ、電気、インターネットと人類のテクノロジーは進化してきました。私はAIこそが人類が創造した最大の進化だ、と思います。】

孫さんキレキレ。
製造業?と気になってよく読むとお金の製造業。
それって投資事業では。言葉の再定義で事業戦略をシャープにすることはよくあるけど『お金の製造業』はあまり後味良くない言葉。
この連載について
今、知りたい注目のニュースの真相から全体像まで、やさしく徹底解説。プロピッカーや有識者による対談、オピニオン寄稿、直撃インタビューなどでお届けする、NewsPicks編集部のオリジナルニュース連載。
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く日本の持株会社。固定電話やインターネットに関わるインフラ事業やインターネット・カルチャー事業がある。 ウィキペディア
時価総額
21.1 兆円

業績