新着Pick
189Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
コロナ収束のタイミングを見誤らず抜け出せるかがポイントか…
人気 Picker
日経平均は一部値嵩株で値動きしますが、遂にTOPIXが2018年1月23日につけた高値1911.07を上抜いたのが大きいですね。
「一時2万9000円台を回復」、「1990年8月以来、30年6カ月ぶり」というのは喜ばしいことですが、1980年代の後半のバブル期を投資顧問会社で過ごし、1989年12月29日に38,915円の史上最高値を経験した身には、複雑な思いが残ります。史上最高値から僅か半年後の1990年8月3日を最後に終値が29000円台を割り込んで、実に30年6か月間元に戻らず、史上最高値とはまだ1万円近くの差があるわけですからね・・・  特定の銘柄の影響を受け易い日経平均でなく全銘柄の時価を反映するTOPIXで見ても、バブル崩壊から今に至る株価の動きは比較的似ています。
バブルの当時、大規模な金融緩和で下がった金利を活用して銀行から金を借りて土地や株を買う人が増え、“マル金(投資で儲けた金持ち)”、“マルビ(乗り損ねた貧乏人)”といった言葉が出来ました。その後バブルが崩壊し、2000年前後のITバブル、リーマンショック前のアメリカ発の土地バブルといったところで多少戻しはしましたがいずれも長続きせず、29000円台に戻すまで実に30年6か月を要した形です。
コロナ禍で苦しむ庶民が多いなか、金融緩和を伴う対策で株価が上がって格差が広がる、金融バブルでいつか弾ける、といった話も出ている昨今、先行きはなんとも言えないと思いつつ、30有余年を経て化石になったオッサンは、当時の風潮に今を重ねて思い出し、感慨に浸っている次第です f^^;
米国では雇用環境も改善してますし、海外ではワクチンの接種も進んでますから。
企業業績の改善も海外経済の要因が大きいことからすれば、日本株の上昇はほぼ海外要因だと思います。
浮世離れしている感満載です。例え、株価が足元の経済状況ではなく、将来を見据えて動く、と言われても…。むしろ、マネーゲームと言われる方がしっくり来ます。

想像力の欠如なのかもしれませんが、今の足元の経済状況が急に良くなる未来を想像できません。
コロナ対策のマスクが不足して買い急ぐ人が目立った頃から、「マスク買う馬鹿、株買わぬ馬鹿」と言いつつ、安くなった株をせっせと買ってきた身としては嬉しい限りですけど、一部の銘柄は他の銘柄に入れ替えるとしても、まだまだ株価の本格回復は続くと信じて、利益確定はせずに、株の保有を継続するつもりでおります。もっと上がると信じていますから、どうか上がってください!お願いします。
日経平均は30年6カ月ぶりに2万9000円台を回復しています。30年ぶり!!!
ありがとうございます。