新着Pick
43Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これには、文脈がある。5日(金)、100人以上の経済学者が、各国経済を助けるために、ECBに借金の帳消しを求めたのだ。そして、ラガルド総裁はこれを拒否した上で、「2021年は回復の年になるだろう。景気回復は遅れているが、痛烈な打撃は受けていない」と述べたのである。
1〜3月期は完全に仮死状態、4〜6月期に目覚めて、7〜9月期以降に長いリハビリが始まるというシナリオは、EUで共有されている回復パスです。

1〜3月期で仮死を脱するか否かは、もはやワクチン接種が進む目処が立つかどうかだと考えられます。逆を言えば、とりあえずワクチン接種を推し進めるという政治的な決意が、当局による予測の前提にあるわけです。

ワクチンの副作用に関する狂想曲が日本で展開されるとして、やはり事情が軽いからではないかと思われます。切羽詰まっているヨーロッパの方が、なし崩し的にワクチン接種が広がり、早期に収束しそうな気がしなくもありません。

ある意味、日本は悠長であり、そこをマスコミさんは上手く突いて、ワクチンの副作用を特定の意図の下に報じるような。収束が遅れて景気悪化が長期化すれば、広告収入が無くなるのですか。タコが自分の脚を食べて生きている感じが否めません。
仮に年央から加速となれば、余程市場との対話を慎重にやらないと、金融政策の出口観測を強める危険性もあるでしょう。
欧州は、景気に対するコロナ感染弾性値(?)が高いので、感染拡大の落ち込みが日米より深刻化する一方、感染収束時の回復力も日米より強くなると思います。