新着Pick
328Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
昨日よりも規模が大きくなっていますね。
https://twitter.com/walone4/status/1358309202867929088
 若い世代の参加が非常に目立ちますが、インターネット遮断は特に彼らの怒りをかったのではないでしょうか。
 僧侶が先頭に立っている姿も多く見られます。これは、軍、警察が暴力を振るいにくくなる、という点でも意味があります。
 ヤンゴン各所で発生したデモは市庁舎や有名なスレー・パゴダがある市の中心部に集まってきていて、そこで警官隊に止められています。
https://twitter.com/FrontierMM/status/1358331419190206464
 デモは、第2の都市マンダレーでも起きています。
 インターネット接続が回復されました。(日本時間午後5時)
本日23時59分までインターネットを遮断する、と発表されていましたが、14時頃に復旧しています。理由や軍の思惑は不明で、様々な憶測が飛び交っています(ヤンゴン在住です)。

ネットが遮断された後も、電話とSMSは利用可能でしたので、社員たちと安否確認などの連絡は行えている状況です。

クーデター発生後の平日の5日間、大多数のミャンマー人は非常に落ち着いた対応をみせ、デモを起こさないように努め、週末にはじめて大規模なデモが実施されました。私が住む地区から車で10分程度の若者が多く住むレーダン地区でもデモが確認されています。

今のところ、デモ隊と警官隊などの衝突は確認されていません。「不服従」運動と同様、平和的なデモを呼びかける投稿がFacebookやSMSで拡散されています。
首都が人工都市のネピドーになったことで、ヤンゴンと動きが異なるようになり、国軍はネピドーを支配してもヤンゴンを制御できない状態。国民に支持されないクーデターによる軍事政権がどこまで持つのか、そのうちヤンゴンを制圧しにかかるのか、まだ先は見えない。
ミャンマーに限らず政府と国民の関係性は変化せざるを得ないのか。親子関係のように、政府と国民の間の情報の非対称は前提であり、それをうまく活用してマネジメントしていた側面は大きい。

情報の非対称がインターネットやSNSでますます薄れていく中、今後は情報の非対称性がない前提でのマネジメントが求められる。この相似形の関係は、人と企業、親と子、など様々なところで発生しているし、それがある種の悩みのタネになっているように感じる。

専門家ではない門外漢の立場から今回の報道を見ていると、国民は現代的なアプローチで集結し、政府が旧態然としたアプローチで対抗しようとしているように見える。これは逆効果になりえて、政府に対してますます国民の反発エネルギーは増大するリスクが高く、心配でならない。米中など国際関係の中におけるミャンマー、という難しさも孕んでいる。この空気を察知し国民の不満を過小評価しなければ、政府側がなんらか方針転換することが落とし所を見つけるきっかけになるのであろうか。
ミャンマーで抗議デモが続く。ミャンマーの議会制民主主義を復活させるために国連が重要な役割を果たすとき。しかし、このようなときに国連安保理で実効性をともなう決議をしようとしても中国とロシアの反対に遭遇してしまった。何のための国連なのだろうか。
現地のデモと日本のデモは連動しているように思います。昨日の在日ミャンマー大使館前は3000人を超えるミャンマー人らで埋め尽くされました。

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4192845.html

昨日は、参加者らが掲げる「3本の指」のサインがとても目立ちました。映画「ハンガー・ゲーム」で仮想の独裁国家への抵抗を表現する際に描かれたことが由来とされ、タイや香港でも同じようなサインをする人が相次いだとのことです。
圧政は、民主主義パワーを育てる…と言ったのは誰だったかな?と記憶を辿っています。
SNSを遮断しようと、一度民主主義を経験した国が独裁に完全にもどることはないと信じています。
インターネットが遮断されていては、海外にタイムリーに届く情報はかなり限られていると思いますが、抗議デモで死亡者が出ないことを祈ります。

インターネットが遮断されているとなると、衛星通信等を使ってグローバルにやり取りしているメディアか、または、ファックスを使って、このようにミャンマーの実情が僅かにしか漏れ聞こえ来ないということでしょうか。

陸続きのタイとの国境がどうなっているのかも気になります。
1月はアメリカに心底失望したが、ミャンマーをみてまだうちはマシと思ってしまったことが情けない・・・・

どうか、どうか昔みたいに、軍が抗議に集まった人たちを虫ケラみたいに殺すことがありませんように・・・・
ミャンマー在住の知人からヤンゴンの画像を拝見させていただきましたが、都市のメインストリートは非常に多くの方がデモ参加している姿が見られました。一方で住宅街?は落ち着いた様子です。クーデターにより多くの日系企業はビジネスを止めてしまっているようですね。一日も早い政情安定・回復を望みます。
勇気ある行動ですね。
最後は武力を使わず、民衆の力で解決することを祈ります。