新着Pick
1470Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「バーテンダーから」といっても、ボストン大学卒業後に、一時母親のやっていた店を少し手伝っていた、というだけです。同時に自分の会社を経営したり、全米ヒスパニック協会に勤務していたりしました。
 両親はプエルトリコ人移民で、ニューヨークでもブロンクスに住んでいたそうなので、資産はあったのでしょう。高校の時に国際高校生科学フェアに出場し、微生物学分野で2位に入るほどの優等生でした。こういうのは、米国の大学への入学審査にはすごく効果があります。
 このあたりの同議員の「貧困からの成り上がりストーリー」の実態については、米国のメディアですでにかなり指摘されていることです。
 問題は政策とその実行力ですが、典型的な米国の急進的リベラルで、移民の増加擁護、銃規制推進、環境保護への支出増大、などです。やや特色があるのは、積極的な財政拡大で、教育に限らず、国民皆医療保険制度などの社会保障を充実させるという点です。
 同議員自身、「民主社会主義者」と呼ばれることを肯定していますが、特に英国、米国の民主社会主義、斬新的な社会改革を目指すいわゆる社会改良主義の延長上と考えていいでしょう。オーウェンとかフェビアン協会、アメリカ社会党の流れです。彼らは、議会を通した社会改良のために、自分たちの小政党はつくらず、政権をとれる大政党に加入するのも特徴です。
 米国でこの流れの民主社会主義者が政権をとったことはまだありません。同議員自身は、北欧の福祉政策を民主社会主義の典型と考えているようですが、人口の規模も財政の基盤も米国は全然違うので、さすがにそのままは適用できないでしょう。
AOC面白い!!
しかし、彼女のプログレッシブという政策面は今の日本と似ていませんか?
巨額の財政出動をしながら、国債依存率を増やして、コロナ対策をして、最大多数を延命しつつ(アメリカや中国はもっとバンバン倒産させてしまう)国全体としては若い世代にツケを回しながら、徐々に沈んでいく。

AOCが正しければ、日本にとっては朗報ではないかということと、
AOCが間違っていれば、将来のツケを払うかもしれない若者世代が熱狂しているという事実が非常に興味深いと思いました。

それだけ、アメリカ社会は格差と分断が進み、それに、みんな苦しんでいる。トマピケティの、資本が稼ぐことが、人が労働するより効率いいという資本主義の事実を、体現しているのがアメリカです。
アメリカのZ世代を中心に圧倒的な支持を得るオカシオ=コルテス氏について図解しました。
確かに政策が実現すれば、格差は縮小しそうです。ただし、実行にはどれも財源が必要で、その理論的支柱がMMTという点は課題が多そうです。
もちろんMMTの正否はまだ証明されていませんが、もし実施して間違っていたら、将来世代に大きなツケを残すことになります。プログレッシブはあまり財源問題について深く語らないようなので、今後さらに大きなムーブメントにするには、その点をいかにクリアしていくかが問われます。
AOCの赤リップとフープイヤリングを模倣する10代の女性が続出していたほどのスタイルアイコンでもあります。芯の強いパワフルな彼女の魅力を、政策・行動・言葉、全方向からわかりやすく解説したすばらしい記事です。恐れるものなし、忖度ゼロの彼女のツイッターはほんとに痛快です。なによりも言葉を心に伝える力がずばぬけているんですよね。将来の大統領候補! アリだと思います。
使いきれないほどの富を持つ人々がいる一方で、基本的な医療も受けられず、生活自体もおぼつかず、命の危険にさらされる人が多数存在し、それを目の当たりにするのは私自身も精神的に辛いし、それが結局社会不安となって自分にも跳ね返ってくると思うので、その是正のために、裕福ではないけれど普通に生活できている自分が多少高い税金を払っても仕方ないと考えるのですが、それは私がノルウェーというある意味特殊な国に住むからなのでしょうか。

裕福層 対 貧困層 みたいな構図になってしまうのも分かるのですが、「お前は沢山持っているのだからこっちにもよこせ」というメッセージではますます対立が煽られるばかりのように思います。格差是正は裕福層も含めた社会全体とってベネフィットのあることだと思いますし、そういうメッセージももっと発信されてもいいのではと思います。
AOCすごい!Respect hustle のtweetが男前すぎる。

1. 労働階級出身として圧倒的な共感を生み
2. 所得、教育、医療の平等を政策として掲げ、MMT(お金を刷る経済理論)と所得税増税によって財源確保
3. すきの無いコミュニケーション能力とSNSの圧倒的人気で支持基盤とやりとり
AOCやプログレッシブについては、大統領選挙時の下記のNP編集部の動画もわかりやすく、併せてみていただきたい。
https://newspicks.com/news/5354807

支持されるということは、そこに不満があるということ。それは①でのエレファントカーブの議論にもつながる。またそれに伴う平均賃金や税含めた財政の議論が本記事のようにも②でコメントしたようにもある。

https://newspicks.com/news/5585106
https://newspicks.com/news/5602403
一部の方が熱狂しているのは事実だろうけど、AOCが仮に大統領なんかになればアメリカの分断は修復不能なレベルに達するでしょうね。政策には総論賛成なものもあるんですが、あまりにも急進的過ぎるし、本質的問題を全く解決しようとしていないのでとてもじゃないが支持出来ない。

例えば大学無償化ですが、アメリカの大学の学費がそもそも高騰した原因に手を付けようとしていない。無償化によって進学希望者が増えれば当然供給は限られるので、大学側はますます学費引き上げに動くでしょう。結果政府負担が激増するだけでいくら金があっても足りなくなります。国民皆保険もそもそも医療費がなぜこんなに高いのか、無償化した時に治療価格が上がらない(もしくは下げる)制度設計が必要ですが、その話はほとんどされない。教職員組合や看護師組合は民主党の有力支持団体ですから、そこが不利になるような制度設計に手をつけることはないでしょう。

北欧諸国や日本は学費や医療費はそもそも安く、価格も統制されているが、アメリカはべらぼうに高い上に価格統制もないので無償化しても本質的な解決にはならない。
ウォール街占拠運動から、サンダース旋風、そして後継者としてのオカシオ・コルテスの台頭は必然。一方で分極化の中、右派の方のティーパーティ運動からトランプ現象も必然。どちらの運動も現地でずっと調査しましたが、まとめあげるリーダーへの渇望がありました。オカシオ・コルテスはまさにそのヒーロー。オカシオ・コルテスは民主党の顔として、今後30年(以上)大きな変革を生み出していくと思います。トランプ現象も「トランプ的な現象」として長年続くはず。時間がかかりながら、分極化の解消とともに、どちらも穏当な流れになっていくと思います。
詳しく知らなかったので面白い!彼女が面白いというのももちろんだが、彼女は時代が創った存在のように読めた。彼女のパーソナリティ、主張は格差と分断が生んだ歪みにぴったりとはまるもののように思える。

資本主義からプログレッシブに移行すれば、アメリカも日本に似てくる部分もありそう。ただ、違いも大きい。例えば、日本は格差がないことを無意識の前提として受け入れ、実際は格差も大きい。アメリカは格差がものすごく大きいことを大前提として問題視し、実際に格差も極めて大きい。
この連載について
経済を発展させたのが資本主義であれば、人々の間に格差を生み、社会を分断したのもそれだった。不平等が広がった結果、マグマのように蓄積された不満が表面化している。資本主義の不都合な真実を、NewsPicksが解き明かす。