新着Pick
1255Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
アメリカ同様多民族国家であるシンガポールに住んでいます。私は
ルールを守れば自由に外出することが出来ますが、ブルーワーカーの方たちは未だ街中に出ることが禁止されています。サーキットブレーカー中は、彼らに物品を届けるボランティアをしていましたが、狭いところから自由に動けない苦しさが伝わってきたし、彼らの住んでいるドミトリーはこれまで訪れたことのない僻地にありました。同じ国に住む外国人でも国籍が違うだけでこんなにも違うものかと言葉がありませんでした。
結局のところ私は自分の属しているコミュニティのことしか知らないし、弱者の事を考える想像力がないということを思い知らされました。
人気 Picker
米社会に根強い経済格差が、コロナ格差、ワクチン格差にもつながった構造を描いてみました。10年前にオキュパイ・ウオールストリートが所得格差に抗議した時にこんなことになるとは想像もしませんでした。でも米社会では、格差の連鎖が止まらず、これは日本でも起き始めていると思います。
日本では健康保険と年金に全国民が加入するようになっており、年々落ちているとはいえ財政も確保されています。
高額医療費控除もあり、優れた保障制度の一つだと思っています。

一方アメリカは確定拠出年金に近い401kと、保険は国民は民間のものに頼らざるを得ない状況です。

民間での保険は高く、対応できるプランが異なることもあるため、病院に行けない人と裕福な人の差は元々ありました。
致死率が高いコロナでより残酷なデータが明るみになったと言えるでしょう。

余談ですが、日本人が米国で手術を受けると法外な値段となりますが、日本に戻って申請すれば日本で受けられたはずの手術額との差分を補填する制度があります。
歴史上、お金持ちでも死ぬときは死ぬという意味で、命は平等でした。しかしコロナは、経済状況や情報リテラシーによって助かる人/助からない人の境界線を引いてしまいました。生存本能が脅かされるこの状況に、低所得者層の怒りが爆発するのは自然なことです。日本ではあまり報じられないアメリカのリアルな姿を、津山恵子さんがレポートします。
シンガポールも明確にコロナ罹患は南アジアからの出稼ぎブルーカラー/エッセンシャルワーカーにパンデミックし、その他は極小となった。もっと言えばその点は米国同様にコロナ以前から人種、出身地域による格差はフィリピンからの出稼ぎ労働者なども含めて所与であった。その点は相似。
ただし問題は、米欧諸国とは異なりそれがデモや暴動のような極端な社会摩擦には少なくとも表面的には至らない事で、それはシンガポールに限らずアジアと米欧の大きな違い。
この東西の共通点と相違点は分析のうえ活かされるものがあるのだろう。
富裕層は北上して空気のきれいな別荘地に住み、貧困層は情報にもリーチできずいつの間にか感染してしまう。恐ろしいお話ですが、住むエリアや人種によって経済力が未だにクリアに分かれているニューヨークの現状はこんなものでしょう。

ただし、道端にホットスポットを設置したり、郵便番号別に細かくデータを分析したり、格差是正の努力は以前からみられます。昨年春に公立学校の生徒全員にデジタルデバイスをいち早く配布したのもNYでした。コロナで顕在化した格差ですが、その裏にみえるNY政府の努力も忘れてはいけないところです。
感染の不平等は、世界中で報告されていることです。200年前までなら、「病は富める者も貧しい者も平等に襲う」といわれたものですが、医学が発展し、細菌やウィルスの概念が確立され、金さえあれば対策できるようになると、感染は不平等になりました。
 米国では、刑務所で軒並みクラスターが発生しました。肉体労働に従事、衛生環境が充実していない外国人労働者の宿舎で次々にクラスターが発生したのは、シンガポールやマレーシア、タイ、アラブ湾岸諸国、ドイツ、それに日本でも起きたことです。
 最近いわれているのは、ワクチン接種の不平等です。国で見れば、最も早く接種が行き渡るのはイスラエルでしょう、ただし、パレスティナ人自治区は含まれません。米国や英国ではワクチン接種が始まりましたが、日本は遅れます。そして世界のほとんどの国では、今年中に国民の過半数がワクチン接種を受けることは、まず無理です。
 ファイザーやモデルナ、アストラゼネカからワクチンを購入する見込みが立たない国々に対して、中国やロシアが自国製ワクチンを寄贈していますが、おそらく政府幹部とその家族をはじめとする国民の1%以下にしか行き渡らないでしょう。インドも、自国で生産したワクチンを周辺諸国に寄贈していますが、数としてはやはり各国の人口の1%にも満たないでしょう。
付き合いのある米国のプライベートバンカー達も続々と大都市部を離れて郊外で快適にリモートワークをしている。シタデルなど一部のヘッジファンドに至っては高級リゾートを借り切って、バブルを設定してまで社員を守っていた。コロナで最も加速したのは経済格差
「現場」からのレポート以上に、コメントできることがない。
「まとめると、「人種の違い→職業・所得の格差→コロナ格差→ワクチン格差」と発展し、格差の連鎖は、危機が起きる度に米社会の弱者、マイノリティを襲う。」
「日本では、人種が多様ではないだけに、女性やシングルマザー、子供、体が不自由な人、外国人と社会の弱者、強いては差別される人たちの種類が複雑で多い。」
これは素晴らしい記事。NYTなどの肉厚生地と比べて日本の新聞の記事は簡素だなぁとかねがね思っていたが、こういう木の根っこの深いところまで抉り出すような肉厚記事を日本語でも読めること、素晴らしいです。これこそNPのもっとも素晴らしいところ!

内容について、僕が付け足すことは何もありません。僕はいわばアメリカの特権階級。良い健康保険もあり、安全にテレワークさせてもらっている。ありがたいことこの上ない。だから何も文句はいえない。ただ、自粛とマスクとソーシャルディスタンスに参加することが、国や社会への貢献と思ってひたすら引きこもっています。