新着Pick
525Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
今やサステナビリティを経営の柱という企業は珍しくない。特に大企業であればあるほど、その責任は大きく投資家からも消費者からも求められているため、サステナビリティを前提としたビジネスを組み立てる必要がある。
人気 Picker
何もしなければサステナビリティに逆行する産業のど真ん中にいながらサステナビリティを最上位概念に据える。確実に言質をとられる立場にあるので考え抜いてのこと。柳井さんの発言を追いかけていくことが、この産業におけるサステナビリティの1番のスタディになる。
サステナビリティを徹底的に軽視する人は本当はどこにもいない。わかりながらなんらかの理由で仕方なくサステナブルでないことをしているか、十分にサステナブルであるとしてとどまってしまうかのどちらかだと思う。

自分、自社にとって何がサステナビリティなのか、まずしっかり言語化することが第一歩だと考えている。

この記事で柳井さんの言語化の試みだとして読めば、それに比較して自身や自社の曖昧さに気がつくきっかけになるやもしれない。

【「持続可能な社会」を目指すことがなぜ企業価値向上につながるのか】
https://note.com/201707/n/nf9672cb5b47b
個人的にはサステナビリティと製品の競争優位性は両立しうるものだと思っています。
使う原料を少なくなくする、あるいは代替するものがコスト優位なものであれば利益率は上がるからです。
そして、投資家も今やESGに力を入れていないところには投資しないところもあるぐらいなので様々な観点で取り組み意義があると思います。
ITXにたいするアンチテーゼ・対抗戦略。ITXを愛用する欧州がSDGsを喧伝していることに違和感。
柳井さんの本気度が伝わる記事です。もう、これは執念のレベルですね。
トップが執念を持って取り組んだら、その実現性は一気に高まります。
すばらしい。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
ユニクロの事業がサステナブルであることはコロナになって益々明らかになったと思います。ライフウェアというコンセプトは、飽きがこない、かつ誰でも着れる価格帯であること、またコロナ禍では、ヒートテックの毛布や部屋着などやエアリズムのマスクなどしっかりとコロナに対応した製品を出されました。実際株価にも反映されていた、時価総額ランキングは日本上場企業で六位、9兆7千億です。わたしはインディテックス社を抜く日も近いと思います。ファストファッションはやはりサステナブルではない、つまり流行りが終わると捨てていく服はもう環境面を考えてもサステナブルではないからです。
この文脈でいくと、ユニクロがサブスクリプションモデルにビジネスモデルを変えそうな気がしてならない。