新着Pick
243Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
電力の最大の問題点は貯蔵の限界があり、太陽光や風力の様な天候に影響される発電では特に問題になります。
一方で発電に柔軟性があり天候の影響を受けない火力発電の場合は燃料をストックする必要があるが燃料の代表格は石油やガスなどの化石燃料となっている。そういった中、貯蔵でき且つCO2が排出されないアンモニアが注目されています。
ただ、このアンモニア自体もどの様に生産されているのかが大事でガスを原料に生産されているアンモニアに置き換えることはCO2排出の観点では意義が低くなることから再生可能エネルギーを電源として生産するグリーンアンモニアを使用することが必要です。

こういった論点はCO2排出が中心であるが、日本の様に燃料を主に輸入に頼っている国の場合には、最近起きたガス不足のリスクも併せて考えるとエネルギーセキュリティ上からも燃料の分散を検討することが求められると思います。
いわゆるブルーアンモニアですが、石油を水素と二酸化炭素に分離し、その水素からアンモニアをつくります。二酸化炭素の方は、メタノールをつくるのに使ったりします。
 つまり、産油国にとっては、原油を輸出するよりも、アンモニアとメタノールを輸出することで、利益がより大きくなる、という希望的見込みがあります。うまくいくなら、産油国にとっては得な話です。
 輸入国である日本の方は、アンモニアの輸入コストの問題を解決しなければならず、採算の問題があります。うまくいっても、太陽光や風力に比べれば発電原価は安いものの、ガスや石炭に比べれば高い、といったところなのでしょう。

サウジから「脱炭素」燃料 アラムコや三菱商事など実証実験
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO64346580Y0A920C2TJ1000/
ご参考。アンモニアといえば肥料のためにものすごいコストを掛けて合成するイメージでしたが、いまは昔。

アンモニアの需給および輸入価格の現状について
https://eneken.ieej.or.jp/data/6317.pdf
昨年,経産省に燃料アンモニア導入官民協議会も立ち上がり,興味深い展開を見せていますね.
https://www.meti.go.jp/shingikai/energy_environment/nenryo_anmonia
CO2以外ならよいのか?と思って調べてみるとアンモニアによる発電で窒素酸化物を抑える方法が研究されているようです。水と窒素のみ放出されるのであれば環境負荷は少ないということなので良さそうですね。
そこも含めて記事に表現して欲しいですね。

また、グリーンアンモニアなるものがあることも初めて知りました。勉強になります。
水素に対する優位性ってなんなんだろうと思っていましたが、下記のような利点があるそうです。

>アンモニアは肥料向けに長年使われているため生産や運搬、貯蔵の技術が確立している。
水素から作れるから、もし自然エネから水素が大量生産できるなら、液体として保管できるアンモニアは強そう
日本では多量なアンモニアは作れないので、海外輸入が基本となる。アンモニア製造方法であるハーバーボッシュ法が発明されて随分と日が経つ。効率性の高い新たな手法が誕生しても・・・。